お年玉の相場、赤ちゃんは?小学生だと?中学生以上は?

姪っ子や甥っ子が産まれて、可愛い親戚が
増えるのは大歓迎ですが、そう言えばこれから
お年玉とかあげる機会があるということですよね。

いざという時に慌てないためにも、相場を知って
覚悟を決めておきましょう(笑)


スポンサーリンク



お年玉の相場、赤ちゃんは?

姪っ子や甥っ子が産まれたばかりで、 まだまだ
お金のことが分からない赤ちゃんなんだけど。
こういう時にも、お年玉って渡すもの?

もし自分にも子供がいて、先にお年玉を
もらったことがある方の赤ちゃんなのであれば、
同額程度は必ず渡すようにしましょう。

それ以外だと、赤ちゃんの場合、お年玉は絶対に
あげるべきだ、と考えている人は少数派。

ですが、親戚間のマナーとして赤ちゃんの時から
お年玉をあげると考えている人もいるので、
この点は親戚間で相談出来るのであれば事前に
話し合っておきましょう。

赤ちゃんや幼稚園児へのお年玉をあげる場合には
実際にお金を渡すよりも、図書券やおもちゃを
購入できる商品券などにして親御さんに渡して
あげれば、喜んでもらえると思います。

金額の相場としては、1000円から2000 円程度が一般的です。
そして、幼稚園卒業までは一律の方が多い様子。

お正月の時くらいしか会えない親戚の方であれば
幼稚園の入園祝いも兼ねて、お年玉を渡すのも
スッキリして良いと思いますよ。

お年玉の相場、小学生だと?

小学生にあがると、卒業までに6年間ありますので
一律の金額というわけにもいきませんね。

また、一度あげ始めたお年玉の金額を下げるのは
避けたいところですので、最初に6年でどれくらい
あげられるのか、ご自身の懐事情としっかり相談しておきましょう。

小学校にあがって初めてのお年玉をあげる際には
もし卒園祝いや入学祝いをあげていないなら、
それも兼ねた金額設定にしましょう。

小学校の低学年であれば、お年玉自体の金額は
1000円から3000円程度が一般的。
1000円から始めて、毎年1000円ずつ上げていく
プランにしている人も多いみたいですね。

また、このくらいの年齢だと千円札を1枚渡すより
100円硬貨で10枚のほうが価値を実感できる
みたいで(笑)、大喜びしてくれると思います。

小学校高学年のお年玉は3000円から5000円が
一般的になってきます。

4000円くらいになってくると100円硬貨では
あげにくくなってきますよね。

高学年になってくると、硬貨よりもお札で
もらうことに価値を感じるようになってきますし、
4000円か、もしくはキリよく5000円から、お札で
あげるようにすれば良いのではないでしょうか。


スポンサーリンク



お年玉の相場、中学生以上は?

幼稚園や小学校に通っていた時は、お年玉を
あげるだけでも喜んでくれていた彼らも、
大きくなっていくにつれて変わっていきます…(笑)

中学・高校はそれぞれの3年間を通じて一律の
金額と決めてしまっている方も多いようですね。

中学生、高校生ともに金額の幅は3000円から
1万円程度までが一般的。

小学生までにあげていた金額や、親戚の中で
お年玉をあげる人数、ご自身の懐事情を加味して
今後数年を見越した金額設定をしておきましょう!

大学生になってからは、
◎学生だからということでお年玉をあげている方
◎20歳を超えたところで大人の仲間入り、
ということでお年玉を打ち切られる(?)方
といらっしゃるようです。

お年玉をあげる場合は、金額の相場もやはり若干アップ。
金額の幅が5000円から2万円程度になってきます。

また、どの世代のお年玉にしても、入学祝いや
卒業祝い、成人祝いなどを渡していない、
お正月くらいしか会えない、という場合であれば
お年玉とあわせて渡す事も検討しておきましょう。

まとめ

産まれたばかりの姪っ子甥っ子を見ながら
こんな先のことを考えるのか~と思いますが(笑)最初の設定が肝心!

追々お金のことで悩まないように、一度しっかり考えてみましょう。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る