熱海梅園、梅の見頃は?周辺で泊まるなら?徒歩圏内の観光スポット?

これから梅まつりの季節にかけて、どんどん
魅力の増していく熱海梅園。

熱海梅園までお出かけするのであれば、
どうすれば一番楽しめるでしょうか?


スポンサーリンク



熱海梅園、梅の見頃は?

500本近い59品種の梅が咲き誇る熱海梅園。
1年でもいつごろに訪れれば、楽しめるのでしょうか?

熱海梅園では、梅のつぼみがつく頃になると
梅まつりが開催されます。

2015年は1月10日から3月8日の日程で
梅まつりが開催されていましたので2016年も
1月上旬から3月上旬であると予想されます。

梅まつりが始まる前、気の早い第一陣の梅は
11月下旬から12月上旬にかけ咲くものもあります。

59品種もの梅が咲き誇る熱海梅園、梅ごとに
少しずつ開花の時期も異なります。
早咲きのものから中咲き、遅咲きと花開いて
いてきますので、長い期間梅を楽しむことが
出来るのも、熱海梅園の魅力ですね。

その中でも、2月下旬から3月上旬にかけて
園全体で梅が見頃になります。
2014年も、2月下旬に園内472本の梅の内
444本が開花していたそうです。

園内が広いので、開花ピーク時でも比較的
ゆったり回れますよ。

熱海梅園周辺で泊まるなら?

熱海梅園をメインに据えて観光に行くのなら、
宿泊施設もできれば周辺で探したいですよね。

◎WA亭 風こみち
熱海梅園の最寄り駅「来宮駅」や熱海駅まで
送迎してくれるのが便利。
露天風呂付きのお部屋もあります。

◎うたゆの宿 熱海四季ホテル
熱海梅園から歩いて約3分!
朝早くからも梅園に行けますし、他施設を
回って来た帰り道にも気軽に寄れますね。

◎ホテルリブマックス熱海
露天風呂やお部屋からのオーシャンビューがオススメです!
海に近いロケーションのため、上の2件の
旅館に比べると熱海梅園から離れますが
車で行かれる場合には、むしろこちらの方が良いかも知れません。
WA亭 風こみちは、道幅が狭いみたい…。


スポンサーリンク



熱海梅園から徒歩圏内の観光スポットは?

熱海梅園から徒歩圏内で行ける観光地は
◎起雲閣
熱海梅園から徒歩約15分から20分
大正・昭和の雰囲気たっぷりの近代建築。
三千坪の敷地がある熱海三大別荘の1つ。

◎来宮神社
熱海梅園から徒歩約15分から20分
「大楠」と呼ばれる巨大な楠木が御神木。
国の天然記念物に指定されているパワースポット。

くらいでしょうか。
ちなみに、起雲閣から来宮神社までも徒歩で15分くらいです。

せっかくだからもっと他にも回ってみたいな~
という方には、「熱海満喫乗車券」や、
「湯~遊~タクシー」もおすすめです!

「熱海満喫乗車券」は伊豆箱根バス用1日乗車券。
既存路線、循環区間で乗り降り自由なので
熱海内の観光を満喫したい方にぴったりです。
熱海梅園も来宮神社もカバーされてます!
観光施設の入館料割引もあってお得です。

詳細は伊豆箱根バスホームページを見てみてくださいね。
http://www.izuhakone.co.jp/bus/

それよりちょっとお値段はかかりますが、
より便利なのが「湯~遊~タクシー」。

観光地を貸切タクシーでゆったりと。
地元の道を知っている運転手さんが、渋滞も
避けて通ってくれますよ。

所要時間1時間15分程度を目安に3コースに
分かれているので、行ってみたい観光地が
カバーされているところを選んでくださいね。

最後に

記事中でも書きましたように、熱海梅園は
比較的長い期間楽しめるのが魅力です。

ぜひどこかでご都合をつけて、行ってみてくださいね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る