お歳暮の時期っていつまで?マナーは?何が喜ばれる?

夏が終わると年末のことを考える機会も増えますよね。

お歳暮を贈ることもその一つ。
ギリギリになる前に、基本を復習して早めに準備出来るようにしておきたいですね。


スポンサーリンク



お歳暮の時期っていつまで?

お歳暮を贈る時期は、いつからいつまでが適当なのでしょうか?

お歳暮の語源は「歳」が「暮れる」ことから。
年の暮れに、その1年にお世話になった方々に
お礼の気持ちとして贈り物をする習慣です。

お正月の準備を始める「事始めの日」とされる
12月13日から12月20日までに贈りましょう。

年末が近くなりすぎると、お相手が不在がちに
なったり、忙しい時期に届くことが失礼に
あたってしまったりしますので、遅くても
12月25日頃までには届くようにしましょう。

お歳暮で気をつけたいマナーは?

お歳暮には気をつけたいマナーがありますので確認しておきましょう。

・毎年同じくらいの金額のものを贈る。
金額設定も悩むところではありますが、前年の
金額から下げることは失礼に当たりますので、
最初の設定は慎重に。

誰にいくらのものを贈ったかも忘れてしまわない
ように、記録を残すようにしておきましょう。

・本来は手渡しするもの。
とはいえ、遠方に住んでいたり、どうしても
訪問する時間を取るのが難しい場合には、宅配便を利用しましょう。

・宅配便で贈る場合には挨拶状をつける。
手渡しすることが出来れば、お礼の気持ちを
伝えることも出来ますが、宅配便の場合には
お礼状で伝えるようにしましょう。

お歳暮に同梱するか、別便にするのであれば
お歳暮よりも先に届くように投函しましょう。


スポンサーリンク



お歳暮で喜ばれているのは?

お歳暮で一番悩むのは、やっぱり中身ですよね。

贈る相手の方がその時に何が欲しいのか、
どんなものが好きなのかが分かっていれば苦労はしないんですけどね…。

それが分からないから、悩むんですよね…。

定番商品では
・ハムやソーセージ
・お菓子
・お茶(コーヒー・紅茶・緑茶など)
・お酒

家族構成などによって、食べきれる量など考えた上で贈りたいですね。

お歳暮を贈る時期を考えると、ちょっと豪華な食材が揃ったお鍋セットも人気ですよ。

ただし、「もらって嬉しくないもの」として
賞味期限が短い食べ物も名前が挙がりますので、この点は注意したいです。

そして、雑貨や小物など消費できないものだと
お相手の趣味に合わない場合、負担に感じられてしまいます。
自信がある場合を除いては避けるようにしたほうが無難ですね。

※目上の方にギフト券などを贈るのは失礼にあたりますので、避けてくださいね。

最後に

1年の終わりに感謝を伝えるために贈るお歳暮。
せっかく贈るのですから、喜んでもらいたいですよね。

少しでも参考になりましたら嬉しいです。


スポンサーリンク



ページ上部へ戻る