赤ちゃんがママの日焼け止めをなめる…舐めても大丈夫?天然なら?

紫外線が強くなってくるこの時期、赤ちゃんの
紫外線対策も心配だけど、ママだって紫外線の
ダメージから守られたい!ですよね。

ただ、ママのお肌につけた日焼け止めが、
赤ちゃんにとって良くなかったら…?
そんな不安が、こちらの記事で少しでも解消に
つながれば嬉しいです。


スポンサーリンク



赤ちゃんがママの日焼け止めをなめる…

赤ちゃんが産まれて、初めての紫外線の強い時期…

これまでは、自分の肌のことだけを考えて、
紫外線からしっかり守ってくれる日焼け止めを
選んで使っていたけど、今年も同じように
日焼け止めを使って大丈夫なのか…?

というのも、赤ちゃんって何でも口に入れたり、
自分の指をなめたりしてしまう。

抱っこしていると、ママの顔や腕に塗った
日焼け止めを舐めたり、指についてしまったりして
赤ちゃんの体の中に入ってしまうかも知れない…。

こんな不安を抱えてしまうかたも多いのでは?

だからと言って、ママのお肌だって春から夏の
強い日差しによるダメージを、100%そのまま
受け止めるのはつらすぎますよね…。

赤ちゃんが舐めても大丈夫な日焼け止めって、
あるのでしょうか?


スポンサーリンク



赤ちゃんが日焼け止めを舐めても大丈夫なのは?

赤ちゃんを抱っこしていると、どうしても顔や腕に
赤ちゃんの顔が近づくので、日焼け止めが口に
入ってしまうかも知れなくて心配ですよね。

日焼け止めには、大人のお肌にも刺激が強いものも
あったりしますし、石油系の成分が入っていたり
実際口に入っても安全です!という市販品を
探すのは、非常に難しいと思います。

ママのお肌ももちろんとっても大切なのですが、
やはり赤ちゃんを抱っこする時には、なるべく
赤ちゃんが舐めてしまうかも知れない部分、
デコルテや首周りなど、日焼け止めを塗らないのがおすすめ。

赤ちゃんで影になる部分は、なかなか陽射しにも
当たらないと思いますし…。

ですが、日焼け止め以外の紫外線対策は徹底して
行うようにしましょう。

つばの大きな帽子をかぶって、お母さんの首周りと
一緒に、赤ちゃんのお顔も直射日光から守ったり。

紫外線カット効果のあるストールやブランケットで
上半身を覆うようにしたり。

なかなか暑くて、こういった衣類を身につけるのが
難しい日には、外出する時間を、陽射しがやわらぐ
時間帯に極力ずらしたり。
(午前10時までに帰宅できる、もしくは夕方以降に出かける。)

車でお出かけになる機会が多い方は、車の窓にも
紫外線カット効果のあるフィルムを貼ったり、
紫外線防止剤を塗るようにすると、運転するママも赤ちゃんも安心です!

↓↓こういう感じの。

【即納】[送料無料]シバタ化成 紫外線防止(UVプロテクト)ガラスコーティング剤 UV99.5…

このように、外部の環境から紫外線カットしながら
日焼け止めを使う部分を最小限に抑えるようにしていきたいですね。

赤ちゃんがいると日焼け止めも天然の物のほうが良い?

とは言え、うっすらとだけでも日焼け止めを
塗りたい…と思うのが女心!

赤ちゃんのお口に入っても比較的安心で、少しでも
紫外線のダメージをやわらげられるものとして、
天然のオイルを代替に使用されてみるのはいかがでしょうか?

椿油やオリーブオイルなどは、実は紫外線カットの効果があるんです。
シアバターなども、紫外線効果があるとして有名。

ただし、カットしてくれるのはUV-Bのみ。
(UV-Bとはお肌がまっかっかに焼けて痛くなる
いわゆるサンバーンを引き起こす紫外線。)

UV-Aをカットしてくれる効果はありませんので
(UV-Aは肌の深部にまで届き、光老化の原因と
言われています)日に焼けると肌は黒くなります。

肌が黒くなっても、赤く痛くなるのを防ぐ、
サンオイルのような役割に近いと思っていただくと
イメージが近いかも知れません。

ですので、肌を黒く焼きたくない方には、オイルと
あわせて、上述のような外部環境から紫外線を
カットする工夫をするとより良いですね。

また、椿油などを使用するとしても、精製度が
低いものだと、紫外線カットの効果もあまり高く
ありませんので、選ぶ際の基準にしてくださいね。
(いわゆる「油焼け」の恐れも出てきます。)

最後に

赤ちゃんの健康を守りながら、ママの体も守るのは
どうしても難しいところもありますよね。

でも、何年先も見据えて、家族みんなが健康で
いられるように、1つ1つ解決していきたいですね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る