コートのクリーニングは必要?頻度は?保管方法は?

一冬活躍してくれた冬服、自宅で洗濯出来るものは
キレイにして、来シーズンまで大切に置いておきたいですよね。

だけど、コート類など大きめのものや、素材的に
自宅の洗濯機で洗って大丈夫なのか不安なものは
プロに任せたいですよね。
どういった点に注意するべきでしょうか?


スポンサーリンク



コートはクリーニングに出す必要ある?

コートって、上から羽織るだけのものなので
汚れてなさそうだし、お金をかけてクリーニングに
出す必要ってあるのかな?と思われる方も多いんだとか。

でも、コートは体の一番外側に来ている服なので、
排気ガスやホコリにさらされて、実はかなり汚れているんです。

しかも、思ったより襟元や手首の辺りなどは
お肌にも直接触れていて、皮脂汚れの蓄積もアリ。

こういった汚れはなかなか目では見えにくいですが
確実に蓄積する汚れで、これを放っておいたまま
来シーズンまでクローゼットにしまっておくと
黄ばみやシミ、虫食われの原因に…。

大事なもの、長く着ていきたいものほど、
定期的にクリーニングに出して、きれいにしてから
収納するようにしましょう。

コートをクリーニングに出す頻度は?

汚れというのは何でもそうですが、蓄積すれば
するほど、どんどん落としにくくなるし、
一生懸命落とそうとすると、その分コート自体も
傷めることになってしまいます。

通勤や通学で毎日着用しているコートであれば、
シーズン中に1回、衣替えの際に1回で計2回は
クリーニングに出せると良いですね。

汚れが目立ちやすい白や淡い色の場合には、
出来るだけ汚れが軽いうちにクリーニングに
出せると尚良し、です。

ダウンジャケットなどは、生地の耐久性も高いので
クリーニングの頻度が多くても生地が弱りにくい為
気になったら早いうちに出せると良いですね。

ただ、ウールやカシミヤのコートは独特の風合いが
損なわれる可能性もありますので、クリーニングの
頻度はオフシーズン前の1回で十分。

特にカシミヤの場合には、料金が上がりますが
カシミヤ専用コースを利用することをおすすめします。

ウールやカシミヤは、出来るだけクリーニングを
利用しないほうが良いので、日々のメンテナンスに
力を入れるようにしましょう。

◎出来るだけ汚さないように着る
◎着るたびにブラッシングする

この2点を気をつけて、着用することが大事です。

外出先でコートをかける場所がない場合には、
内側の裏地が表に出るように半分に折り、表地に
汚れが飛ばないようにしておくと少し安心。

飲食店でニオイがついてしまった時には、
入浴後の浴室(シャワーだけ出すのでも大丈夫)に
吊るしておくと、水蒸気がニオイを包み込んでくれます。
消臭剤を使うより生地への負担が気にならないので
ぜひ試してみてくださいね。

あとは、コートをメンテナンスする用のブラシで
毎回の着用後に汚れやホコリを落とすようにしましょう。
コートの毛並みに沿って、ブラシを当ててくださいね。


スポンサーリンク



コートのクリーニング後の保管方法は?

クリーニングに出してキレイにさっぱりしたら、
その後の保管方法も大切です。

クリーニングから戻ってきた衣服にはビニールが
被さった状態になっていますよね。
この状態でそのまま保管している方も多いですが、
実はこのビニールがかかった状態、保管には
向いていないんです。

このビニールは、クリーニングから戻ってきたら
すぐに取り外すようにしましょう。

液剤を吹きかけてクリーニングしているのですが、
このビニールを外さないとその液剤がうまく
蒸発しないのです。

これも生地を傷める原因になってしまいますので、
ビニールを取り外し、風通しの良いところで
1日程度で放置しておきます。

その後、通気性の良い防虫カバーなどを被せて、
クローゼットで保管するようにしましょう。

最後に

コートも大切に扱えば、何年も長く使えます。
お気に入りの1点に出会うのはなかなか難しいし、
節約という観点からも、今持っているものを
長持ちさせるのは大事ですよね。

日々のお手入れとクリーニングを上手に組合わせて
長くキレイに着ていきたいですね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る