父の日プレゼントに子供手作りの料理!レシピとおつまみアレンジ!

父の日のプレゼント、何が良いかこの時期迷いますよね…。

形に残るものを毎年プレゼントされている方は、
お子さん手作りのお料理で、お父さんをおもてなしされてみては?

楽しみにしていた晩酌に、お子さん手作りの1品が
出てきたら、嬉しくってお酒も進みそうですね♪


スポンサーリンク



父の日プレゼントに子供の手作り料理!

父の日プレゼントも、母の日と同様に多岐に渡って
販売されているので、どれにしようか悩みますよね

でも、市販のプレゼントよりも、何か手作りのもの
プレゼントしたいという方もいらっしゃるのでは?

特に小さいお子さんがいらっしゃる場合には、
手作りプレゼントをもらって嬉しくないお父さん、いないですよね!

お母さんと一緒に料理して、もうこんなことも
出来るようになったんだ!ってお父さんに
サプライズプレゼント、してみませんか?

お子さんが小さいうちは、あまり包丁を使ったり、
凝った料理を作るのは難しいので、比較的簡単に、
でもレベル高い!って思わせられるようなレシピが良いですよね。

そこでおすすめなのがカッテージチーズ!

チーズを家で作っちゃうの?!ってお父さんも
驚き喜んでくれると思いますし、でも作り方は実はとっても簡単!

とは言え、火を使いますので、お母さんは必ず隣に
ついていてあげてくださいね。

気になるレシピは、次の章でまとめています♪


スポンサーリンク



父の日用手作りチーズレシピがこちら!

簡単カッテージチーズのレシピはこちらです♪

用意する道具
・お鍋
・清潔なガーゼ
・ザル(もしくはお菓子に使うふるい)
・ボウル
・温度計

用意する
・牛乳(低脂肪乳はNGです) 1リットル
・レモン汁 約1個分
・塩

1:
ザルにガーゼをかぶせておき、それをボウルの中に
セットしておきます。

2:
お鍋に牛乳とレモン汁を入れて、火にかけます。
牛乳とレモン汁を軽く混ぜ、その後は触らない!

60度前後まで温め、温度をキープしながら15分程度温めます。
(ここで温度が低すぎるとしっかり固まらず、
高すぎると出来上がりがボソボソになります…)

3:
15分程度経つと水分(乳清)と乳固形分(凝乳)に分離してきます。

4:
分離したら、1のザルに静かに流し入れて濾します

5:
ポロポロの状態で使うなら、ギューっと目に絞ると良いです。
丸い形にしたい時は、好みの硬さになるように絞りガーゼを茶巾状に。

6:
無塩でも美味しいのですが、塩を加える場合には
出来上がったチーズを計量して、その重さの1%分加えてください。

最初に塩を入れてしまうと、水分(乳清)側に
溶けていってしまうので、後から入れてくださいね

お子さんが、チーズを手作りしてくれた!なんて
聞いたら、お父さん感動しちゃいますね(^^)

父の日の手作りおつまみアレンジ♪

カッテージチーズが上手に出来上がったら、
ちょっとアレンジを加えて、お父さん好みの
おつまみに仕上げましょう♪

おすすめなのは、スモークサーモンでチーズを巻くアレンジ!

巻くだけなら、小さいお子さんもお手伝いが出来て
「しっかり1品作った!」と達成感もありますね。
スモークサーモンのピンク色が、華やかさも出してくれますし。

スモークサーモンが苦手な方なら、韓国海苔や
味付海苔、その他生ハムで巻いてもおいしいです。

アボカドやトマト、バジルとの相性も良いので、
お母さんが切った野菜と、オリーブオイルなどと
混ぜてサラダを作ってもオシャレな1品♪

わさび醤油で味付けしても美味しいので、ワイン等
洋風のお酒より焼酎など和風が好きなお父さんにもおすすめです。

また、カッテージチーズを作った時に出た水分は
乳清(ホエー)と言って、こちらも栄養分が豊富。

捨ててしまうのはもったいないので、こちらもぜひ活用しましょう。

おつまみとしておすすめなのは、乳清を使って作るピクルス!

乳清に対して半分程度のお酢と、好みの量のお砂糖
お好みの野菜(きゅうりやパプリカなど)を用意します。

乳清・お酢・お砂糖を混ぜて、野菜を漬けます!
半日くらいから浅漬けで食べられるので、作るなら
当日の朝から仕込みたいですね。

2~3日置くと、よりしっかり漬かりますので、
多めに作っておくと、後日また楽しめて良いかも♪

最後に

お子さんが一生懸命作ったと聞いたら、せっかくの
おつまみも、なかなか食べられないかも知れないですね(笑)

形に残るものも良いですが、こうしてしっかり
味わえるプレゼントも、嬉しい美味しい記憶として
違う形で残っていきますよね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る