取引先からお中元が個人宛てに!お礼状は書く?電話やメールでも可?

そろそろお中元の時期ですね。
お贈りするお中元を選ぶのも難しいですが、
いただいた場合にはどうするのか?

ここも先に知っておいて、届いた時にはスムーズに
対応出来るようにしておきたいですね。


スポンサーリンク



取引先からのお中元が個人宛てに届いたら?!

取引先からのお中元が個人宛てに届いたら、
どのように対応すれば良いのでしょうか?

会社に届いた場合

まず、会社にお中元の品物が届いて、宛名が個人名だった場合。

この場合には、すぐに上司にもお中元をいただいた旨、報告します。

上司に報告しておくことによって、取引先の方に
上司からも素早く御礼を伝えることができますし、
もし贈答が禁止されているとしてもここで知る事が出来ますよね。

※贈答が禁止されている場合には、お断り状と共に
送り返すように手配しましょう。

また、お中元の品物については、社内の円滑な
コミュニケーションの為に、その後部署の人などに
おすそ分けしておくのが無難です…(笑)

ただ、取引先の方からは、あなた宛てに感謝を込め
お中元を贈ってきてくださっていますよね。

ですので、個別に分けにくいものまで、無理に
部署の方に分ける必要は無いと思います。

自宅に届いた場合

取引先からのお中元が、個人の自宅に届いた場合は
どのように対応するのが良いのでしょうか?

個人の自宅にお中元が届いた場合には、会社への
報告の義務はありませんが、贈答が禁止されては
いないか、規則はしっかり確認しておきましょう。

※ただし、現金が届いた場合には受け取らずに、
そのまま返送しましょう。

その他、お中元の範疇を超えて高額な品物を
受け取った場合には、上司に報告・相談するようにしましょう。


スポンサーリンク



取引先からのお中元、お礼状は書く?

お中元をいただいたとしても、品物でお返しを贈る必要はありません。
先方からの「いつもお世話になっております。」の
感謝のお心遣いだからです。

ただし、お中元をいただいたらお礼状を一両日中に出します。

お中元を贈っていただいたことへのお礼の意味と、
品物が無事に届きましたよ、とお知らせする意味が
ありますので、お中元をいただいたらすぐ出します

会社宛てに届いた場合のお礼状

会社によって、規定のお礼状が用意されている事もあります。
一度確認してみてくださいね。

ただ、規定のお礼状でそのまま出してしまったり、
パソコンの文字だけで返してしまうと、やはり
どうにも味気ないものです。

大切な取引先ほど、丁寧に手書きのお礼状を出すとより良いですね。

自宅宛てに届いた場合のお礼状

自宅宛てに贈っていただけるお中元ほど、お礼状は
手書きのものが喜ばれると思います。

もし、奥様が代筆にてお礼状を出される場合には、
ご主人のお名前より、一回り小さく奥様のお名前を書きます。

その際、奥様のお名前の前に小さく「内」と書くと
奥様が代筆されたことが伝わります。

□□(名字) △△(ご主人のお名前)
       内○○(奥様のお名前)

もしも、やはりお返しも贈らないと気がすまない…
ということであれば、先方からいただいたお中元の
半額程度から、やや小額くらいにしておいたほうが良いです。

同額程度のお返しを贈られると「今後はお中元を
贈っていただく必要はございません」という意味に
捉えられる方もいらっしゃるためです。

今後のお中元をご辞退される場合には、お礼状に
「今後はどうかこのようなお気遣いなど
なさいませんよう お願い申し上げます」と
一文書き添えるようにしてましょう。

取引先からのお中元、お礼は電話やメールでも可?

取引先からのお中元に対して、お礼状を書くのは
なんとなく大げさな気がする…
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

とは言え、正式なマナーとしては、きちんと
お礼状を書くことです。
書かない理由が「めんどくさい」というだけならば
お礼状を出すことをおすすめします。

ただ、日常的に頻繁にお会いする方であれば、
取り急ぎお電話にてお礼と、品物が届いた旨を伝え
後日お会いした際に、もう一度口頭でのお礼と、
品物を気に入ったなど、お伝えするようにしましょう。

お中元の件だけであれば、お相手がお忙しいと
予想される時間帯は出来るだけ避けて、ご連絡すると良いですね。

また、メールでのお礼ですが、ご友人やご親戚など
非常に近しい間柄の方であれば許されるのかも
知れませんが、取引先の方にはカジュアルすぎると思います。

せっかくのお心遣いをいただいた取引先の方に、
こちらも出来るだけ丁寧な姿勢でお礼を伝えたいですよね。

お中元のお礼については
1に正式なお礼状。
2に電話での連絡+実際にお会いしてのお礼

実際の選択肢は、この2つだと思っておきましょう

最後に

せっかくお中元をやり取りするような仲になった
お取引先に、失礼な対応をしないように、
気をつけたいですよね。

この記事が、そんな時のお役に立ちましたら嬉しいです。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る