香典返し、金額の目安は?何がいい?いつまでに贈る?

人生の中でも、数回しか経験することのない
「香典返しを贈る」立場。

手続きやらでバタバタ過ごしている間に、
すぐに香典返しを手配する時期がやってきます。

たくさん決めなければいけない事がある時期、
香典返しも悩むポイントですよね。

地域性などが強く出ることですので、
参考程度にしかならないかも知れませんが、
経験したことが、これから経験する誰かの
お役に立てれば嬉しいです。


スポンサーリンク



香典返し、金額の目安は?

香典返しの悩みポイントの1つと言えば、
様々な金額をいただくので、一律で決めるのが
難しいところですよね。

香典返しの金額の目安は、いただいたお香典の
3分の1から半分の金額。

私たちは、会葬御礼としてお通夜分に500円の
お茶とお菓子のセット、告別式分に800円の
海苔とお米のセットを用意しました。

この会葬御礼は、実際には参列していないけれど
お香典をいただいた方にも、代表者の方を通して
お渡しいただきました。
ですので、少額の方には、恐縮ながらこちらを
以って香典返しとさせてもらうことにしました。

私たちが受け取ったお香典の金額と、
香典返しとさせていただいた金額はこのようになりました。

お香典の金額 香典返しの金額     
1000円    無し(会葬御礼にて兼用)
2000円    500円
3000円    1000円
5000円    2500円
10000円    5000円 
20000円    10000円
30000円    15000円
50000円    25000円
100000円   50000円

もともとは、1000円から3000円のお香典を
いただいた方々にも半額の香典返しを考えて
いましたが、品物の選定などを進めていくにつれ
この金額に落ち着きました。

別途供花をいただいた方には、その金額の
3分の1程度を上乗せして計算しました。

香典返し、何がいい?

金額の目安が決まったら、次はその金額で
どのような品物が用意出来るかですよね。

香典返しに限らず、引越し挨拶などでも
このように広い範囲の方への贈り物を考える時、
相手の方の好みが分からないというのが非常に難しいです。

一般的なタオルや洗剤をいただいたとしても
好みに合わない場合、若干でも迷惑だと
思われてしまう可能性がありますよね。

それは避けたかったので、50000円以上の
お香典をいただいた方には半額分の商品券を、
5000円から30000円のお香典をいただいた方には
半額相当のギフトカタログを贈る事に決定。

50000円以上の方は、関係性により商品券と
ギフトカタログを選び分けました。

一番いただいた人数の多かった3000円の方には、
1000円のクオカードを贈る事にしました。
(お菓子などでも100人近くになるとどうしても
かさばってしまうので…)

クオカードでも、有料(1枚30円程度)ですが
弔事用の掛け紙を印刷して用意してもらえます。

2000円の方には、500円のクオカードを。
ここで1500円のクオカードがあればもう少し
融通が利いたなー…なんてワガママを思いつつ。

その他、お香典をいただいたのに会葬御礼を
お渡し出来なかった方は、別の金額枠として考え

1000円の方には600円程度の焼き菓子セット
3000円の方には2000円程度のお茶の詰合せ
             を用意しました。

会葬御礼をお渡し出来なかった方は県外の方が
ほとんどでしたので、どちらも、地元らしさが
出せる物を選ぶようにお店や、お茶の種類に気を遣いました。


スポンサーリンク



香典返しはいつまでに贈る?

最近では、告別式当日に会葬御礼の品と一緒に
香典返しの品を贈ることも多いそうですね。

私たちも葬儀社の方からそのようにお話を
伺いましたが、当日はそこまで決めるほどの
余裕がなかったことや、受け取った方が当日に
いろいろ受け取ると混乱するのでは?と思い、
本来どおり四十九日の忌明けに贈ることにしました。

我が家は仏式なので七七日(四十九日)の忌が
明けた後に香典返しのギフトカタログが届くよう到着日を指定。

手渡し出来る方々にも、忌明けの次の日に
お渡ししました。

ちょっと焦ったのが、ギフトカタログの手配が
間に合うかどうか。

というのも、通販でギフトカタログと、それに
同梱してもらう挨拶状を注文したのですが、
挨拶状を付けてもらう場合には発送に1週間ほど時間がかかると…。

ちなみに、私たちが使ったギフトカタログは
こちらのショップのものです。

なかなか品物を決められなかった自分が
悪いのですが、これには焦りましたね…。
発送完了の連絡があるまでずっとドキドキ…

結果、希望の到着日がギリギリ指定が可能になり
ショップからも思っていたより随分早くご連絡を
いただけて安心しました。

こういった手配は、何事も余裕のあるうちに
パッパと決めていかないとダメですね…。

最後に

私たちは、バタバタバタと焦りながら決めたので
もしかしたらもっと良い方法や品物があったかも
知れないなぁ…と若干心残りもあります。

せっかくのお心遣いなので、もっとしっかり
考えてお返しをしたかったな、という後悔を
感じておりますので、この記事を読んで
いただいた方には、ご自身でも納得のいく
贈り物を選んでいただけたらな、と思います。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る