花粉症でマスク…メガネが曇る!曇らない方法は?曇り止めも併用?

花粉症の季節、目から鼻から症状が出て、なかなか
ツライ日が続きますよね…。

花粉症対策ももちろん大変ですが、それにまつわる悩みも大変なもので…。

マスクは不可欠なのに、それによって起きる不便もありますよね。
例えばメガネをしている方は、マスクによって
メガネが白く曇ってしまう…。

今回はメガネの曇り対策です!ご参考になれば幸いです!


スポンサーリンク



花粉症でマスクするとメガネが曇る!

今はいろんな花粉症対策の方法がありますが、
やはり第1位の必需品はマスクですよね。

普段からメガネをかけている人は、この時期の
マスクとメガネのダブル使いが大変だと思います。

息をするたび、吐いた息によって白く曇るメガネ…
特に、まだ寒い時期からも花粉は飛びますから、
その季節でのメガネの曇りは非常に不便ですし、
事故などの危険性も高くなりますよね。

マスクをするとメガネが曇る原因は、吐いた息ですね。

鼻や口から吐いた温かい息が、マスクの上側の
すき間を通って上に上がってきてしまうのが
メガネが曇る原因です。

でも呼吸しないわけにはいかないし!
どうしたら防げるの?!

要は、マスクとメガネの間のすき間をきれいに
塞ぐことができれば良いわけですね。

そもそも、花粉症でマスクをしているのに息が出る
すき間があっては花粉を防ぎきれていませんよね。

花粉症でマスクをしてもメガネが曇らない方法、
下記にてまとめてご紹介します!


スポンサーリンク



花粉症でマスクしてもメガネが曇らない方法!

花粉症でマスクが外せなくても、メガネが曇らない方法とは?!

とにかく、すき間を塞ぐことが大切!
今すぐにでも出来る方法としては、ティッシュを
使ってすき間を塞ぐ方法です。

ティッシュをまず半分に折って、また半分に折ると
大体マスクの横幅に合うくらいの幅になります。

これを、1cmくらいの棒状になるように折っていき
両面テープを貼り、マスクの表面の上端にペタッ!

そのマスクを着用し、ティッシュ棒の上にメガネが
被さるように調整します。

こうすることによって、マスクから温かい息が
もれてくるすき間も無くなり、メガネが曇ることもなくなります!

けれど、ちょっとこれはお手製感いっぱいで着用が恥ずかしいな…
毎回マスクするたびに作るのはめんどくさいな…

と、思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、若干割高にはなりますが、マスクの
鼻にあたる部分が、スポンジになっているタイプがあります。

その名も「快適ガードプロ」
女性用や子供用もありますので、サイズに合わせて選べるのも嬉しい!

白元アースサニーク 快適ガードプロプリーツタイプ レギュラーサイズ5枚入※宅急便発送のみ 【あ…

マスクの中で、けっこう強めに呼吸を繰り返しても
メガネが曇りにくいと評判!

マスクのゴムを耳にかけると、そのひっぱる力で
スポンジが鼻にあたって変形し、しっかり密着。
ワイヤータイプだと、何度鼻の形にあわせても、
どうしてもすき間が出来るので、これは嬉しいですよね。

ただし、注意点もあります。
ガードプロのマスクをしていても、下にうつむいた
状態になってしまうと、メガネに直接、マスクから
出て行った温かい息が当たり、曇ります。

マスクを着用している間、ずっと下を向かないのも
難しいと思いますが(汗)、出来るだけ前を向いておくと良いですね。

その他、ちょっと強引な力業になりますが、マスクの二重着用

実はこれも、メガネの曇り対策には効果を発揮。

小さめマスクを着けて、その上からそのマスクより
大きめマスクを重ねるように着用すると、メガネが曇りにくくなります。

ただ、マスクのゴムも重なってしまうので、
耳が痛くなりやすくなるのが、玉にキズですね…。
それと、呼吸が1枚の時よりしづらくなります…。

花粉症ならメガネの曇り止めも併用するとなお良し?!

花粉症で、メガネとマスクを同時に使われる方は、
曇り止めの購入を検討されている方も多いのでは?

実際、上記の方法でもメガネの曇りが解消されない
場合には、併用されることもおすすめします。

ただ、メガネのレンズに薄い膜を作ることによって
曇りにくくする、という性質上、曇り止めを均一に
塗らないと、塗りムラが気になったりします。

また、塗りムラも含めてですが、曇り止め剤を
使うと、視界がなんとなくぼやけて見える感じにもなります。

個人的には、他の曇り止め対策で有効なものが
見つからなかった場合に使用するのが良いのでは?と思います。

もしもメガネを買い替えるタイミングがあれば、
一部のメーカーから曇り止め加工をあらかじめ
施してあるレンズ(フォグレスコートなど)も
販売されていますので、候補に入れて検討されてはいかがでしょう。

最後に

マスクをしないで花粉対策をする方法もたくさん
出て来ていますが、やはりマスクで物理的に
遮断する心強さというのはありますよね。

花粉症対策用のメガネを使っていらっしゃる方も
多いと思いますし、こちらの記事で少しでも快適に
花粉の季節を過ごすお手伝いが出来ましたら嬉しいです。


スポンサーリンク



ページ上部へ戻る