赤ちゃんの日焼け止め後、顔の洗い方!ウォータープルーフの場合は?

赤ちゃんのお肌に、出来るなら日焼け止めは
塗りたくないと思いつつも、陽射しが強い日には
塗らないほうが悪いような気もしますよね。

日焼け止めで紫外線対策をした日には、お肌に
残らないように、優しくしっかり落としてあげたいですね。


スポンサーリンク



赤ちゃんの日焼け止め、顔に塗った後の洗い方!

赤ちゃんに日焼け止めを塗った日は、帰宅後
出来るだけ早く、日焼け止めを落とすように心がけましょう。

紫外線もお肌に良くないですが、日焼け止めも、
長時間お肌に乗っていたら良くないのは、
大人の女性なら身を持って実感していますよね…。

赤ちゃん用の日焼け止めを選んでいる場合、
大体は石けんで落とせるタイプだと思います。

まず、赤ちゃんに日焼け止めを塗った部分に
蒸しタオルをしばらく当てておきます。
(温度には必ず注意してくださいね!)

このようにして、お肌に乗っている日焼け止めを
少しふやかして、落としやすくしておきます。

石けんを泡立てて、落としたい部分に乗せ、優しく
くるくるするように洗いましょう。

濡らしたガーゼで、石けん成分を拭き取ります。
この時も、決してゴシゴシこすったりせず、優しくです。

石けん成分がきれいに落ちるまで、ガーゼを何度も
すすぎながら、繰り返します。

この時、赤ちゃんの手がバタバタしないように、
お母さんのわきの下辺りで挟んでおくと、途中で
石けんを食べちゃったり、目に入れちゃったりする
心配が減ると思います。

(例えば右利きのお母さんなら、左のわきの下に
赤ちゃんの左手をはさんで、左腕の肘に赤ちゃんの頭を。
そして赤ちゃんの右手をお母さんの左手で持つ感じです。)

きれいに拭き取れたら、最後にベビークリームや
ベビーオイルなどを使って、保湿してあげましょう

これで、お肌に日焼け止めを残すことなく、
紫外線対策をしてあげることが出来ますね。


スポンサーリンク



赤ちゃんの日焼け止めにウォータープルーフを使ったら?

赤ちゃんに塗った日焼け止めが「石けんで落ちる」
タイプの場合の落とし方をご紹介しました。

ですが、外で水遊びをして…という場合には、
ウォータープルーフの日焼け止めを使用される方もいらっしゃるのでは?

ウォータープルーフではなくても、石けんで
洗ったけど、すっきり落ちていない場合には、
クレンジングをする必要がありますね。

とは言え、大人用のクレンジング剤を使用するのは
お肌が大人の半分程度しか厚みのない赤ちゃんには刺激が強すぎる…。

そんな時には、赤ちゃん用のクレンジングシートを
活用してみてください。
(お子さんのお肌に合うかどうかの確認は必須!)

↓↓こういったのが販売されています。

ピジョン UVベビー ベビークレンジングナップ(12枚入)【UVベビー(ユーブイベビー)】[ベ…

クレンジングシートで拭き取った後は、お湯で
濡らしたガーゼで一通り拭いてあげると、
クレンジングシートの成分も残らず安心です。

日焼け止めはすっきり落ちますが、やはり石けんで
洗うよりも刺激は強いですので、よりしっかり
保湿してあげるようにしましょう。

赤ちゃんによっては、乾燥したり、肌荒れを
起こしてしまうこともあります。

ウォータープルーフの日焼け止め自体も、
それを落とすクレンジングシートも、どちらも
決してお肌に良いものではありませんので、
出来るだけ使用回数は控えめにしておきましょう。

最後に

赤ちゃんのお肌に負担になるものは、出来るだけ
避けたいけれど、紫外線と日焼け止めの矛盾には
心の中で葛藤してしまいますよね…。

どちらとも上手に付き合っていけるように、正しい
知識を少しずつでも身につけていきたいですね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る