換気扇、キッチン、お風呂の大掃除のやり方!

年末が近づいてくると、気になるのが大掃除…。
普段気にはなっているけど見て見ぬ振りをしている
箇所(笑)、1年に1度はしっかり掃除したいですよね!


スポンサーリンク



換気扇大掃除のやり方!

換気扇って、毎日使うのになかなか掃除の手は伸びにくい場所ですよね。

油にまみれた煙を毎日毎日吸い込んでくれて
いるので、ホコリと油が重なり合って、それはまぁ頑固な汚れに…。
取り外せるところは全て取り外して、温度と時間を味方につけた掃除をしましょう。

セスキ炭酸ソーダ(重曹の強力版です)を、お湯に溶かして水溶水を作ります。
ゴミ袋など、大きな袋に作ると良いと思います。
そこに取り外した換気扇の部品と、もしコンロの五徳も汚れていたら一緒に。
他のところを掃除しながらしばらく放置。

※アルカリ性が強いのでゴム手袋をしたり、絶対に目に入らないように気をつけて!

取り出してみると…油汚れが落ちて、トゥルントゥルンに!
もし取れきれない汚れがあったら重曹をつけて擦ると良いです。
(セスキ炭酸ソーダより重曹のほうが溶けにくいのでスクラブするのに向いています。)

取り外せない部分にも、セスキ炭酸ソーダの
水溶水をスプレーしてしばらく置いておいたり、
キッチンペーパーに染み込ませて拭き取るなどしてみてくださいね。

キッチン大掃除のやり方!

キッチンのお掃除の中でも、めんどくさいし、
やり方よく分かんないし、拭いても
よく落ちないし…とか思って敬遠するのが、
魚焼きグリルの庫内と、電子レンジの庫内では…?私はそうです(笑)

魚焼きグリルを使った後、網や受け皿はキレイにしていても、庫内はさっと拭くくらい。
または何回か放置してしまう人も多いのでは?

電子レンジも、使っている回数の割りには
お手入れしていなくて、ちょっと拭いた
くらいでは取れない汚れになってしまっているご家庭もあるのではないでしょうか。

この魚焼きグリルの庫内と電子レンジの庫内、
どちらも重曹を上手に使うことでラクラクキレイに!

◎魚焼きグリル庫内の掃除のやり方
魚焼きグリルの汚れが軽度である場合や、
使う都度お掃除するのであれば、
重曹水(コップに水500cc、重曹小さじ1の割合で水溶水を作る)を
含ませたキッチンペーパーで拭き取ります。

それでは取りきれない汚れの場合、
重曹と水を混ぜてペースト状にしたもので、擦ります。

それでも落ちない場合は、もう少し固めにしたペーストを汚れの上に伸ばしてしばらく放置。
スポンジで擦って、汚れが取れたら水拭きします。

◎電子レンジ庫内の掃除のやり方
電子レンジの掃除には、重曹水をコップに入れてレンジでチンします。
蒸気がレンジ庫内に行き渡ると、油汚れが
浮き上がり、たんぱく質も分解され、お掃除しやすくなります。

特にしつこい汚れには、キッチンペーパーに重曹水を含ませて、パック。
重曹水コップを置いて、パックをした状態で、600ワットで2分間チン。
蒸気がこもっている状態で扉を開けずに10分くらい待って汚れを蒸らします。
その後、水拭きします。

もしこれでも取れない汚れが残っていたら、
重曹を粉のままキッチンペーパーにふりかけて、
研磨剤代わりに擦ると、割と簡単に取れますよ。

重曹は口に入れても大丈夫なものなので
食品との距離が近いところのお掃除に使えるのが嬉しいですね。


スポンサーリンク



お風呂大掃除のやり方!

お風呂の汚れと言えば、水垢と排水溝のぬめぬめ!

蛇口や水栓周りの水垢には、クエン酸をお湯で
溶かしたものにキッチンペーパーを浸して、それを上から被せてパック!
しばらく置いて、パックをはがしたらスポンジで軽く擦ってお湯で流します。

排水溝のぬめぬめには、重曹とお酢が効きます!
重曹を排水溝周りにまんべんなくふりかけ、その上からお酢をかけます。

すると、もこもこもこっと泡立ちますので、そのまましばらく放置。
1時間くらいしたら洗い流してみてください!すっきりしてびっくりしますよ!

そして、意外に汚れているのが天井。
天井は、クイックルワイパーの本体に、
カビ用洗剤を浸したキッチンペーパーを巻いて拭きます。
少し置いたら、水で塗らしたキッチンペーパーで水拭き。

こうして天井をキレイにしておくと、上から
落ちてくるカビの胞子が減るので、お風呂全体のカビも減ってお掃除がラクになりますよ。

記事の順番として、天井のお掃除が最後に
なってしまいましたが、お掃除の鉄則は「上から下」です。
天井のお掃除から始めて、だんだんと下に向かってお掃除してくださいね。

最後に

新年を迎えるにあたって、1年の締めくくり行事として気合を入れたい大掃除。
ラク~に、でもキレイになる方法をマスターして、清々しい気持ちで新年を迎えましょう。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る