豆腐に味を短時間で染み込ませるコツをご紹介!

いろんな料理に馴染んで、使い勝手抜群の食材…
『豆腐』!!

素材の味が淡白でクセが無いのに、栄養が高くて
いろんな料理に入れられますよね。

ただ、急いで作らないといけない時には思ったより
味が染み込んでない…ってことありませんか?

この記事は、手っ取り早く豆腐に味を染み込ませる
方法をご紹介しています。
日々のお料理のお役に立てれば嬉しいです♪


スポンサーリンク



豆腐に味を染み込ませる簡単な方法!

豆腐って意外に味が染み込むのに時間かかるな…
そんな風に思ったことありませんか?

豆腐は、もともと水分をたっぷりと含んでいるので
調味料の味が中に入り込みにくいんですね。

お豆腐を入れたお味噌汁を、翌日の朝に食べると
豆腐の食感が変わった上に、しっかり味が
染み込んでいることってご経験ありませんか?

これはまさに、豆腐の水分が味噌汁の中に出て、
その代わりに味噌など味の成分が豆腐の中に
入ったことによって起きている変化なんです。

ですので、豆腐に早く味を染み込ませるには、
この水分を出来るだけ早く外に出すのがポイント。
豆腐の水切りが簡単に出来る方法、ご紹介します!


スポンサーリンク



豆腐の水切り、簡単なもの集めました!

それでは、豆腐に味を染み込ませるための水切り、
簡単な方法を集めましたので、お好みに合わせて
お役立てください♪

その1:豆腐の水切り・茹でる

まずは、豆腐を『茹でる』方法からです。

豆腐を下茹ですることで、余分な水分を出す方法。
ただのお湯で茹でても良いのですが、ここでの
ワンポイントは『塩』をひとつまみ入れること。

沸騰したお湯に、塩をひとつまみ入れて、
カットした豆腐を投入して1~2分茹でます。

豆腐がフルフル震えだしたらオッケーです。

塩には離水効果と言って、食材の水分を排出する
働きがありますので、より早く豆腐の水分を外に
出してくれます。

茹でた豆腐を一度ザルにあけて、調理します。

その2:豆腐の水切り・キッチンペーパー

一番お手軽なのに、時短なのは、この方法です!

豆腐をキッチンペーパーでくるりと包み、
(私は各面に2枚分当たるような感じで厚めに
包むようにしています。)少々深めのお皿に入れて
電子レンジでチンします。

我が家の電子レンジでは5分もするとしっかり水が
切れているようなのですが(500W)、この方法を
お試しになる際には様子を見ながら2~3分程度から始めてみてください。

その3:豆腐の水切り・一晩放置

もし時間がある場合でしたら、冷蔵庫の中で一晩
放置しておくと、しっかり水切りできています。

豆腐をパックから出して、深めのお皿に移し、
上からラップします。

タッパーなどで、上から重石代わりのものを置いて
おいても良いですが、特に何も置かなくても大丈夫です。

時間さえあれば、放置しておくだけなので、これが
一番手間はかからないですね。

その4:豆腐の水切り・焼く

これは単体で使う手段というより、他の水切り法と
合わせて使ってみてください。

水切りしたけど、もう少ししっかり水切りしたい!という時向けです。

茹でる方法で水切りした後、ザルにあけて、
アルミホイルを敷いたオーブントースターで
焼き目がつく程度に焼きます。
(10分程度、様子を見ながら焼いてくださいね。)

こうすることで、調理した時の味も染み込みやすく
なりますが、このままの状態で食べても焼き白子の
ような食感なんだそうです♪

最後に

豆腐の水切りと言っても、いろんな方法がありますね。
色々試してみて、調理のしやすさやかかる時間など
ご自分のお気に入り方法を見つけてくださいね。

おいしいお豆腐料理が出来ますように♪


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る