郵便局で年賀状書き損じの交換いつまで?手数料は?交換以外の方法!

年賀状って「失敗しちゃいけない!」って思いつつ
書くから緊張しているのか、どうしても何枚か
書き損じてしまうんですよね…。

修正テープを使ったり、まさかグルグルッと
間違えた文字を塗りつぶすなんて出来ないので、
年賀状を書き損じた場合、もったいない気分で
いっぱいですよね…。

年賀状を書き損じたり、未使用分が余ったりしたら
郵便局に持ち込むと良いですよ!


スポンサーリンク



年賀状の書き損じ、交換はいつまで可能?

年賀状の書き損じや、未使用で余った分については
郵便局の窓口に持っていくと、他のはがきや切手に
交換してもらうことが出来ます。

そんなの知らなかったから、けっこう前の年賀状も
残ってるよ~という方は、それも一緒に持って行きましょう。
年賀状は何年経ったものでも大丈夫です。

ただし、年賀状の販売期間内・期間後で
交換してもらえるはがきが変わります。

もし来年の元日用の年賀状を書き直したい、
ということであれば、その来年用の年賀状の
販売期間内に持ち込めば、新しい年賀状に交換してもらえます。

販売期間後に持ち込んだ場合は、新しい年賀状への
交換はしてもらえず、通常はがきや切手への交換となります。

また、年賀状の書き損じの範囲として、両面に
文字が書いてあったり、印刷されていても
投函する前であれば大丈夫です。

投函する前であっても、年賀状の切手の部分が
汚れたり、き損している場合には交換を受け付けて
もらえない事がありますので、窓口で確認してもらいましょう。

一度投函してしまっているものは、例え消印が
見えなくても交換は不可です。

目には見えませんが、ブラックライト用の
インクみたいなもので消印代わりに印刷が
されていますので、持ち込んでもばれちゃいます。

一度投函したものが手元に戻ってくることも
なかなか無いと思いますが…。

郵便局で年賀状の書き損じは手数料いくらで交換してくれる?

郵便局では、年賀状の書き損じに限らず、通常の
官製はがきや切手など、1枚5円の手数料で、
他のはがきや切手に交換してもらえます。
(現金での返金はされていません。)

年賀はがきを年賀はがきに交換してもらう場合には
その年の年賀はがき販売期間内に持ち込むことが
必要ですが、通常はがきや切手への交換で良い場合
年越しを待ってからの交換のほうがお得です!

というのも、もしも手元に残っている年賀はがきの
お年玉くじが当たっている場合、景品をもらった後
他の切手や通常はがきに交換してもらうことが出来ます。

なので、年賀状を書き損じた場合でも、枚数が
足りているのであれば、当選番号を確認してから、
郵便局に持ち込むと良いですね!


スポンサーリンク



郵便局で年賀状の書き損じを交換してもらう以外の方法は?

郵便局で年賀状の書き損じを交換してもらう以外に
有効に活用出来る方法ってないものでしょうか?

◎寄付する
年賀状や官製はがきには、切手分の料金という
価値がありますよね。実は、この価値の分を
寄付する、という形で書き損じた年賀状でも
活躍させることが出来るんです。

ユニセフの支援が出来る寄付活動や、
盲導犬協会の通信費に使ってもらえる寄付に
書き損じた年賀状が使えるのであれば、
ぜひ参加したいですよね。

◎懸賞などに応募する
知人の方などにはがきを送るのに、書き損じた
年賀状を使いまわすわけにはいきませんが、
懸賞などの応募であれば気を遣わなくて済みます。

「年賀」の文字は消して、家族と連名になっている
場合には応募者の方以外の名前を消して送ると、
分かりやすくて良いですよ。

最後に

年賀状を書き損じた瞬間って「わーーー!」って
けっこうなショックを受けますが、落ち着いて
考えてみると、けっこう良い対処方法がありますね

これで安心して失敗できる!…というわけでは
ありませんが(笑)、リラックスして年賀状に
挑むことが出来ますね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る