免疫力と体温に関係が?上げる方法、良い食事は?

毎年、この時期になると風邪をひいちゃう…って
時期がありますよね。

今年こそは、健康なまま冬を乗り越えたい!
そのために重要な免疫力、実はアップさせるのに
「体温」が大切なんです!


スポンサーリンク



免疫力は体温と関係がある?

免疫力を高めるために体温が大切とは、一体
どういうことでしょうか?

風邪をひいた時を思い出してほしいのですが、
高熱が出て、体がしんどくなりますよね。

あの高熱は、体の免疫細胞がウイルスと戦う為に
活性化している証拠なんです。
なので、むやみに解熱剤を飲まないほうが良いと
聞いたことありませんか?

人間の体の中で細胞が一番活発に動ける体温は
実は「37度」
普段の体温が低めの方は、もうそれは高熱の域…
と、思われる方もいらっしゃるのでは??

そう思われた方は要注意です!
体温が低い方は、免疫力が落ちてしまい、風邪を
ひきやすくなるだけではなく、その状態が長く
続いてしまうと、アレルギーや感染症、ガンなど
恐ろしい病気につながってしまう恐れも…!!

体温が低い状態が続いてしまうと、血液が上手に
循環しなくなってしまうので、全身が栄養不足の
状態になってしまいます。

新陳代謝も悪くなるので、老廃物がうまく
出て行かなくなったり、老化も早まってしまうかも…?!

もしも平熱が36℃未満であれば低体温、
35℃未満であれば、仮死状態に近いです!
しかも35℃台では、ガン細胞が一番元気になる
体温なんですよ…。

一般的な平熱は36.5℃から37℃。
普段からこれくらいの体温を維持出来るように
生活を見直していきましょう!

免疫力と体温を上げる方法。

免疫力と体温を上げるためには、具体的には
どのような方法を取ると良いのでしょうか?

ざっくりと言ってしまえば、
・体を冷やさない、
・出来の中から温める
       この2点を心がける事です。

・シャワーで済ませずに、浴槽に浸かる。
→半身浴は、上半身が冷えてしまいます。
もし、毎日入浴しているのに低体温だ…
という方は、全身浴に切り替えてみましょう。

・ながらエクササイズで筋肉量を増やす。
→私がやっているのは、ながらエクササイズでは
ないのですが、トイレに行く事があったら、
ついでにスクワットを10回しています(笑)

あと、大股で歩く習慣をつけるのもオススメ!
わざわざウォーキングに出かけるのではなくて
普段歩く時に大股でガシガシ歩くと、体が
温かくなってくるのが分かります!

・温かい飲み物を飲む。
→特に寝起きは体温が低め。お白湯などを飲んで
朝から体温を上げるようにしましょう。
冷たい飲み物は、日中も避けて、少なくても
常温の飲み物を飲む習慣をつけたいですね。


スポンサーリンク



免疫力と体温を上げる為に良い食事。

免疫力と体温を上げる為には、温かいものや、
発酵食品を多く摂るようにしましょう。

出来るだけ毎日食べられた方が良いので、
発酵食品であるお味噌を使った温かいお味噌汁は
食卓に出しやすいですよね。

お味噌汁の具も、根菜類をたっぷり入れた
具沢山にすることで、より温め効果アップ!

これからの季節、お鍋をするならキムチ鍋の
頻度を上げるのも良いですね。

また、体を冷やす食品を控えるようにするのも
大きなポイントです。

せっかく温め食材を食べているのに、冷やす
食材を減らさないのでは改善に時間がかかって
しまいますよね。

体を冷やしてしまう食材で、思っているよりも
食べてしまっているのは「白砂糖」。

体を温めると言われているハチミツを代わりに
したり、黒糖に変えたりするようにしましょう。

コーヒーも体を冷やします。逆に紅茶は体を
温めますので、ティータイムには温かい紅茶を
選ぶようにしましょう。

その時にも、甘みが欲しい場合には白砂糖でなく
ハチミツを入れるようにすると良いですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
体温を上げる!と言っても、特に難しいことは
無くて、日常の小さな習慣を変えていくことを
中心にお伝えしました。

低体温を解消することで、風邪とは縁のない冬にしたいですね!

体がポカポカしていたら、冬の寒さそのものも、
これまでより気にならないかも?!

でも、もし風邪を引いてしまったら、
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

風邪を引いた時のご飯


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る