インフルエンザ予防接種後、前にお酒はダメ?副作用と関係は?

そろそろインフルエンザ予防接種の時期です!

インフルエンザからの影響を出来るだけ少なく
今年の冬を乗り越えるためにはぜひ受けて
おきたいですが、その前に注意点を確認しましょう!


スポンサーリンク



インフルエンザ予防接種後、お酒はダメ?

インフルエンザ予防接種を受けられる時期には
イベントも多いので、予防接種後に飲み会に行く
予定が…という方もいらっしゃるのでは?

でも、インフルエンザ予防接種を受けた後って
お酒なんか飲んで良いのかな?って不安になりますよね。

もちろん、もし飲まなくて良いのであれば、飲まない方が良いです。
インフルエンザ予防接種を受けるということは、
ウイルスを体に入れて軽くインフルエンザに
罹患した状態にする
ということ。

その状態でお酒は飲まないようが良いですよね?

ただそれでも、仕事の都合などでどうしても
飲み会に出ないといけない時ってあります。
そんな場合にはどうしたら?

インフルエンザ予防接種後の注意点として、
よく言われるのは下記のとおり。

◎接種部位を清潔に保つ。
◎いつもどおりの生活を送る。
◎はげしい運動や大量の飲酒は避ける。

「大量の」飲酒は避けるということですので、
体調に影響の出ない程度であれば厳禁というわけではありません。

ただし、繰り返しになりますが、飲まなくて良い
場合であれば飲まないことをオススメします!

出来ればまっすぐに帰宅して、副作用と見られる
症状など出ていないか体調の確認をしながら、早めに休みましょう。

インフルエンザ予防接種前のお酒もダメ?

インフルエンザ予防接種前、直前にお酒を
召し上がる方はなかなかいらっしゃらないと
思いますが、前日の飲酒はどうでしょう?

インフルエンザ予防接種前の注意点として
よく言われるのは下記のとおり。

◎予防接種前日は入浴(またはシャワー)をして
体を清潔にしておく。
◎予防接種当日は体調をよく観察し、普段と特に
変わったところがないことを確認する。

インフルエンザ予防接種前日に二日酔いになる程
お酒を飲んでしまった場合、血圧が異常に低く
なってしまったり、頭痛・吐き気が出たりして
「普段と特に変わらない」状態ではなくなってしまいます。

インフルエンザ予防接種を受ける場合には前日も
お酒は出来るだけ控えるようにしましょう。


スポンサーリンク



インフルエンザ予防接種副作用とお酒の関係は?

インフルエンザ予防接種後には、人によっては
副作用が出る場合もあります。

よく言われているインフルエンザ予防接種後の
副作用は下記のとおり。

◎接種部位が赤くなったり、痛んだりする
◎軽いだるさ
◎頭痛
◎発熱
◎寒気 等

いずれの症状も通常2~3日中には治まりますが
異常と思われる場合には、すみやかに医師の診察を受けましょう。

インフルエンザ予防接種後にお酒を飲んだからと
副作用に直接結びつくわけではありません。

ただ、飲酒によって体の中は大きな影響を受けますよね。

血液の循環が促されたことによって接種部位が
腫れてしまったり、肝臓に負担がかかることに
よって免疫力の低下にもつながります。

ウイルスを体に入れることで抗体を作り出す方法
なので、免疫力が落ちてしまう状況は避けるようにしましょう。

まとめ

インフルエンザ予防接種を受けたからと言って
感染しなくなるわけではありませんが、発症した
場合の症状が軽く済んだりメリットがあります。

出来るだけ前後安静にしていられる日を選んで、
早めに受けるようにしましょう。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る