卒園式入学式と服装同じで大丈夫?マナー、着まわし方法は?

3月に卒園式があって、4月には入学式…。
そんなに何回も着る予定のないフォーマル服を
2着買うのも気が進まない…?

でも卒園式と入学式と服装が同じでも大丈夫かな?
マナーとしてもどうなの…?
せっかくのお子さんの晴れ舞台、納得した服装で
出席できるように考えたいですよね!


スポンサーリンク



卒園式入学式と服装同じでも大丈夫?

卒園式と入学式、時期が近いこともあって、
服装を同じにしようか、どうしようか、と
悩まれる方も多いですよね。

特に、スーツやジャケットなどを着るお仕事に
就いていない方は新調しないといけない場合が
多いのではないでしょうか。

卒園式や入学式は、開催時期は確かに近いですが、
ちょうど季節の変わり目。

3月はまだ冬の終わりという印象もありますし、
卒園式は入園式から成長したお子さんを振り返る、
指導してくださった先生方に感謝の気持ちを
お伝えする、など少し改まった雰囲気の式典です。

入学式の季節には、地域によっては桜も咲き、
明るい気持ちになる季節。
入学式自体も、これから6年間を過ごす学び舎にて
新入生を歓迎する、華やかな雰囲気の式典です。

このように、季節感や目的がそれぞれに異なるので
服装がまったく同じである場合、どちらかの式典で
場違いになってしまう可能性があります。

卒業式には少し華やかすぎる…。
入学式にしてはちょっと地味じゃない?
という「帯に短し、たすきに長し」状態に。

そうは言っても、それぞれの式典に1着ずつ
用意するのは正直厳しい…ですよね。
そんな場合には、インナーや小物、羽織物を
変えることによって、全体の印象をコントロール
するようにしましょう。

卒園式や入学式の服装マナーを確認しましょう。

卒園式や入学式の服装、着まわしを考える前に、
それぞれの服装マナーを確認しておきましょう。

実のところ、卒園式にしても入学式にしても、
こういった式典に関する服装や慣習については
地域性が強いものです。

その為、同じところで式典に出席した上の子がいる
先輩ママ方や、幼稚園、小学校の先生に事前に
確認しておくのは必須。

地域によって、式典が黒一色になったりする事も
あるくらいですから。
そういった地域性を踏まえた上で、服装を悩むようにしましょう。

地域性やそれぞれの学校の慣習以外には、卒園式や
入学式の服装について必ずこうでなければ!という
必須マナーは特にありません。
(普段着での出席はもちろん厳禁ですが。)

大前提として意識しておくべきことは、あくまでも
お子さんが主役の行事であること。
親御さんは地味すぎず派手すぎず、周囲との
バランスを壊さないようにします。

卒園式でも入学式でも大切にしたいのは上品さや
清楚さ。あまり目立つ(奇抜な?)服装での出席は
後々の人間関係に影響する可能性も、考慮しておきましょう。

「華やかである」ことと「派手である」ことは
決して同じ意味合いではありません…。

そうなると、やはりかっちり目のワンピースや
スーツを選択される方が多いのに納得ですよね。


スポンサーリンク



卒園式と入学式、着まわし方法!

卒園式と入学式、それぞれの目的と雰囲気を
把握できたら、実際に着まわし方法を考えてみましょう!

おすすめはワンピーススタイル。
ワンピースはジャケットや羽織物、その他の小物で
ガラリと雰囲気を変えることが可能です。

1着、黒やグレーの落ち着いた色のワンピースを
購入の上、卒園式にはツイードのジャケットを。
入学式にはオフホワイトやピンクベージュ、
ベージュなど明るい色のジャケットを合わせれば、
それぞれの季節感、雰囲気に合った服装にアレンジ出来ますね。

メインのワンピースが同じなので、靴やカバンは
黒に統一して同じものを使い回しても違和感が無いはずです。
(事前の、鏡の前でのチェックは必須ですが…。)

また、ワンピースは体を締め付けにくく、体型も
目立ちにくいですので、下のお子さんを妊娠中の
お母さんにも嬉しいですね。

周りの方はスーツが多いみたいだから、無難に
スーツで行こうかな…という場合には、インナーを
変えることでイメージチェンジが可能です。

卒園式にはグレーや黒の、光沢のある素材を選ぶと
控えめだけれど華やかな雰囲気になりますね。
コサージュを合わせるのも良いですが、上品な
ブローチやパールアクセサリーを合わせても良いですね。

卒園式の頃は、思ったより寒いこともありますので
(式典の会場も、床が冷たくて底冷えする事も…)
薄手で暖かい肌着を選ぶなど、防寒対策にも注意し
服装を選ぶようにしてくださいね。

入学式ではワンピースと同じく白っぽい色や、
ピンクベージュなど春らしい色のインナーを。

この時期に出回る柔らかい素材のインナーを選んで
合わせるだけで、華やかさが増します。

ワンピースに比べて黒の割合が大きくなりますので
ブラックスーツを選ばれる際には靴やカバンも
春っぽくするとより良いですね。

また、ご家族で写真に納まる機会も多い日なので、
統一感も意識しましょう。
父親のネクタイの色などと、小物の色味を合わせて
コーディネートすると、まとまりが生まれますよ。

最後に

きっと、お子さんの結婚式の際にたくさんの人の
目に触れるであろうこの時期の写真。

年月が経っても良い想い出の日だったな、と
思えるような写真が撮れるように、素敵な服装で
当日を迎えられると良いですね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る