風邪で関節痛になる原因は?湿布は効くの?早く治すには?

風邪をひいてしまって、ただでさえツライ時に
襲ってくるあの関節の痛み…。

あれって、なんでなんでしょう?
どうにか緩和できる方法はないものでしょうか。


スポンサーリンク



風邪で関節痛になる原因は?

風邪をひいてしまうということは、体の中に
ウイルスが入ってしまったということですよね。

ウイルスが体の中に入ってしまった場合、
人間の体はその侵入者と戦おうとします。

その際には、「サイトカイン」という物質が、白血球から分泌されます。
このサイトカインは、ウイルスと戦うために分泌
されるのですが、過剰に分泌されてしまうと
本人の臓器を機能不全に陥らせる危険も併せ持っているのです。

そんな大変な事態を防ぐ為に、過剰分泌を
抑制するため、今度は「PGE2」という物質が分泌されます。

サイトカインの過剰分泌を抑制するのに必要な
PGE2なのですが、これはこれで、
関節の痛みや熱を引き起こす作用を持っているのです…。

ということで、あの風邪をひいた時に起きる
関節痛は、風邪ウイルスを退治する時の副作用のようなもの。
不快感を伴う痛みですが、体の中の免疫が
がんばってくれてるんだなぁ~と思えたら、ちょっとマシかも…?

風邪による関節痛に湿布は効く?

風邪をひいた時に起きる関節痛、免疫細胞が
頑張ってくれている、ということは分かっても
少しでも緩和できたら嬉しいですよね。

白血球ががんばってサイトカインを分泌している
状態であるから関節痛を引き起こすPGE2が
分泌されているわけですよね。

この白血球の働き、冷やすと若干納まります。
ですので、もし関節痛があまりにもひどい
場合には、冷たいタオルや湿布などで患部を冷やしてみてください。

冷やすことで白血球の働きを少し抑えるのと
あわせて、人間の肌の感覚を鈍らせるのにも有効。
人間の肌は、冷たくなると少し鈍感になります。
一度試してみくださいね。

とは言え、関節痛が起きているところでは
白血球がウイルスと戦っています。

そこをあまり冷やしてしまうと、ウイルス退治に
時間がかかってしまうことになりますので、
むやみに冷やすことは避けるようにしましょう。

風邪を治すためにゆっくり寝たいのだけど、
関節痛がひどくて眠れない…などという時に試してみてくださいね。


スポンサーリンク



風邪による関節痛を早く治すには?

風邪もツライけど関節痛もツライ…。
関節痛だけでも早く治したい…と思います。

ですが、これまでにも述べてきたように、
関節の痛みは、風邪の原因になっている
ウイルスを退治する戦いによる副作用…。

風邪が治れば、関節痛もそれに伴って
解消されますので、何よりも意識すべきことは風邪を早く治すこと。

こちらの記事でも書きましたが、少し食事を
抜くのも、実は風邪を早く治すのには有効。

消化にエネルギーがいってしまわないように、
その他のエネルギーも出来るだけ使わず、
ウイルス撃退に全力を注げる状態で安静にしましょう。

風邪が治ったのに、関節痛だけが残る場合、
膠原病や、ウイルス性の急性関節炎である
可能性もありますので、早い段階でお医者さんの診察を受けましょう。

最後に

不快な痛みというのは、原因が分からないと
余計につらく感じますよね。

白血球ががんばってくれている痛みだと思って
関節痛はできるだけ我慢しながら、何より
安静にして早く風邪を治すように努めて下さいね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る