読書をする人の割合は?腕が疲れる?おすすめのwebサービス!

新年は、新しい目標を立てて、理想の自分に
近づくための努力をしたい!
そんなやる気に満ち溢れる時期ですよね。

日々の生活に取り入れやすく、身になりやすいのはやっぱり読書。
最近では読書の方法も進化しています。
これまでの読書はなかなか続けられなかった…
そんな方も、もう一度チャレンジしてみては?!


スポンサーリンク



読書をする人の割合って?

読書をする人って、あなたの周りにはどれくらいいますか?

電車で通勤していても、読書している人って
そんなに多い印象ないんです。
(インターネットやアプリで読書している人も
多いのかも知れませんが…)

最近では、1ヶ月に1冊も本を読まない人が
50%近いという調査結果もあります。

あなたは、最後に読書をしたのがいつか、覚えていますか?

また、1ヶ月に3冊以上読書する人は20%もいないそうです。
ということは、1ヶ月に3冊以上読書をすると、
世の中の、読書の中から知識を得ている人
上位5分の1に入れるということですよね!

読書はしたほうが良いと思うな~と思いながら、
結局数えるほどしか読まずに新年を迎えた方も
多いのではないでしょうか?

「今年も、何か達成したという実感のないまま
終わってしまったな…」と思った方は、ぜひ1つ、
新しい1年で何冊読書する!という目標を立ててみては?!


スポンサーリンク



読書は腕が疲れる?飽きる?

仕事にしても、人間を成長させるにしても、
読書という方法が一つの有効な手段だというのは
分かっているつもり。

だけど、読書ってどうしても腕が疲れるし。
そうなると集中できなくなって飽きるし…。

って、なかなか思うようにページが進まないこと、
あるんですよねー。

私の場合も、仕事で1日の時間はほとんど消費だし
会社を出たら出たで家のことやプライベートで
読書をする時間ってなかなか取れない。

読む時間が取れるとかどうか分からないのに、
荷物になる書籍をカバンに入れておくのも、重くて
おっくうになってしまうし。

電車の中で読もうと思っても、カバンや他の荷物も
持ちながら本読んでると、それこそ腕が疲れる…。

そこで私が見つけたのが「オーディオブック」。
「オーディオ」っていうくらいだから、音声です。

何が良いかって、音声なので手を使って本を持つ
必要がありません。だから、電車の中でも、
運転中でも、洗濯物を干していても、お皿洗い中も
なんなら運動しながらでも!
いつでも読書の時間に変えられてしまうんです!

世の中便利になったなぁ~って思っていたけど、
本当に便利ですよね!!

読書でおすすめのwebサービス

そんな、紙の読書だと難しいと感じている方に
おすすめのwebサービスが、オーディオブック配信サービス。

いろんなジャンルの本の中から、好きな本を選んで購入。
その後にダウンロードしたら、プロのナレーターが
朗読してくれたその本の内容が耳から入ってくる、
っていうサービスです。

プロのナレーターの方が感情を込めて
朗読してくれているおかげで、自分で黙読するより
内容が頭の中に入ってくるんです。

読書というよりも、映画に近い感覚で本の内容を
吸収出来るので、読書だと集中力が続かない…
なんて方にもおすすめです。

繰り返しになりますが、
◎両手を使わずに本が読めるので、
「ながら読書」が簡単に出来るようになる。
◎耳から内容が入ってくるので理解しやすい。
◎重たい書籍を持ち運ぶ必要がないので、荷物が軽くなる。
◎満員電車で本を開くのに気を遣う必要がなくなる

書籍を買うよりは若干割高ですし、自分の目で
文章を追うわけではないので漢字の勉強には向かないです。

なので、読書をする目的によっては、
オーディオブックが適さない事もあると思います。
ご自身の生活スタイルや、読書をする目的、目標と
照らし合わせて、検討してみてくださいね。

ちなみに、そんなオーディオブック配信サービスで
おすすめはこちら。

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

日本最大のオーディオブック配信サービスなので、
選べる本も13,000作品と豊富すぎ!
会員登録は無料なので、一度登録してみて、自分が
読みたいと思っていた本がないか、探してみては
いかがでしょうか?

最後に

読書は、他の人の頭の中を覗ける貴重な手段。
今の自分に満足していないからこそ、いろんな人の
頭の中を覗いて、知識を吸収して、成長していきましょう。

今回ご紹介したオーディオブックなども活かして、
読書を生活の一部にしてしまいたいものですね!


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る