年賀状の一言、旦那さんの親戚には?文例とタブーも紹介!

近頃は、プリンターで印刷した年賀状を
用意される方も多いと思います。

お決まりのご挨拶は、文章も印刷…。
それでは味気ないので手書きでも一言添えたいですよね。

ただ、この一言がなかなか思いつかなくて
時間がかかるもので…。
上手い一言を書くにはどのようにしたら良いのでしょうか?


スポンサーリンク



年賀状の一言、旦那さんの親戚はどうする?

年賀状には一言添えたいものですが、
旦那さん側の親戚には結婚式の時にお会いする
機会があった程度で、なかなか一言の内容が思いつきませんよね。

旦那さん側の親戚に出す年賀状は、奥様も一言を
添えるご家庭と、 旦那さんだけが書くご家庭、
そして何も書かないご家庭もあるようです。

奥様が面識のない方の場合には、旦那さんが何も
書かないのに、奥様が代筆するのは控えたほうが良いです。
(逆に失礼にあたりますので。)

親戚の方に出す場合は、面識がまったくない方は
少ないと思いますので、もし旦那さんがお書きに
ならない場合には、奥様だけでも一言添えておきましょう。
(年賀状に一言書かなかっただけで、何か
言われてしまったら悲しいですもんね…^_^;)

お子さんがいらっしゃる場合には、その点を
中心に書かれるのが、書きやすいでしょう。

お子さんがまだいらっしゃらない場合には、
ご夫婦で何月にどこどこに旅行に行かれたなど、
旧年の思い出をさらっとご紹介しても良いのではないでしょうか。

年賀状の一言文例、親戚向け!

年賀状の一言、文字数にしてみたらほんの少し。

もし普段、ツイッターなど利用される方なら、
140文字より全然少ないので、あの画面で一度
文章を考えてみると意外にスッと思いつくかも?

一般的な親戚の方に向けた年賀状文例も、
まとめておきます。

◎ご家族のご健康を心からお祈り申し上げます。
◎今年こそお会いできますよう念じております。
◎お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
◎ご無沙汰しておりますが、ご一家の皆様お変わりなく新春をお迎えのことと存じます。
◎子供も○歳になりまして、元気にすくすくと育っております。
◎明るく楽しい1年を過ごされますように。

誰かにもらった年賀状や、その他お手紙、
それ以外の場面でも、素敵だな!と心に響いた
フレーズは、日頃からストックしておきましょう!

そうすることで、年賀状以外でも誰かに
喜んでもらえるメッセージが書けるようになりますよ。


スポンサーリンク



年賀状の一言 、書いちゃいけないタブーは?

新年を迎えることをお祝いするための年賀状。
失礼のないように注意するべきポイントも知っておきたいですね。

目上の方に年賀状を出す際には、一文字か
二文字の賀詞を書くのは避けましょう。
(「賀」「寿」「賀正」「迎春」など)

「謹賀新年」「恭賀新年」といった四文字の
賀詞を用いて、新年のご挨拶としましょう。

「あけましておめでとうございます」は、
目上の方に送っても大丈夫です。

年賀状の一言を書く時、句読点は使いません。
新年のご挨拶で「区切りをつけない」という
意味で「、」や「。」を使わないように気をつけてくださいね。

年賀状には忌み言葉を使うのもタブーの1つ。
「去る」や「失う」などマイナスイメージに
つながる言葉は避けましょう。
「去年」とは書かずに「旧年」「昨年」と書きます。
また「風邪を引かないように」よりも
「今年も健康な1年を」というように表現
そのものをプラスの方向に持っていくことを意識してくださいね。

最後に

年賀状を送る習慣そのものが縮小してきている
現代ですが、日本の伝統文化ですので、大切にしていきたいですよね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る