お中元の時期、上司に贈るなら?マナーやのしで注意するところは?

これまでは、もらっている側だったからあまり気にしていなかったけど…

社会に出たら、自分で季節ごとの行事をしっかり
こなしていかなければいけない!

そんな方に、円滑なお中元の贈り方のヒントを
お伝えできればと思います。


スポンサーリンク



お中元の時期、上司に贈るなら?

お中元を贈ろう!と思い立った時に、まず確認が
必要なのは、贈る時期ですね!

適切な時期に間に合うように、段取り良くお中元を準備しましょう。

実は、お中元を贈る時期というのは、日本国内でも
地域によって異なるところがあります。

基本的には、関東地方では新暦でお盆を行うため
6月下旬から7月15日までとされています。

関東地域以外(北海道・東北・中部・四国
九州など)は、旧暦にあわせて7月下旬から8月15日まで。

とは言いますが、ビジネス上では関東地域に準じて
お中元を贈るところも非常に増えています。

こういったご挨拶というのは、ギリギリになったり
遅れてしまったりするよりは早いほうが印象も良いもの。

特に7月から8月にかけてはお中元による繁忙期で、
物流も非常に込み合います。

上司など、目上の方にお中元を贈られる場合には、
遅くとも7月中には到着するよう、早め早めの準備を心がけましょう。

もともとから、関東地域の時期にお中元を
贈ってこられた方は、最近では集中する時期を避け
6月中に贈ることも増えています。

買い物に行った先で、お中元コーナーを見かける
時期になる頃には、すぐに手配できる状態になっておきたいですね。

※もしも、お中元の時期をうっかり忘れていた!
という場合には、のし紙の表書きを時期に合わせて
変更すると、贈ることはできます。

立秋(2016年は8月7日)の前日までの到着であれば
「暑中御伺い」(暑中御見舞の目上の方用の言葉)

立秋を過ぎてから処暑(2016年は8月23日)までは
「残暑御伺い」(残暑御見舞の目上の方用の言葉)

ただし、これは緊急事態用です!
お中元の準備は、くれぐれもお早目に!!


スポンサーリンク



お中元を上司に。マナーで注意するところは?

お中元をお贈りする時期も、大切な注意すべき
ポイントではありますが、その他のマナーはどうでしょうか。

まず、こちらの記事を読んでいただいている方は
既にご確認済みであるとは思いますが…。

会社の規定や慣習についての事前の確認は必ず行うようにしましょう。

会社によっては、お中元やお歳暮などの贈答が禁止されていることも

また、私が以前働いていた会社でもありましたが、
私たちの支社は年賀状なども送りあう必要はない、とされていました。(虚礼廃止)

そこに、他の支社から転勤で来られた方は、以前の
支社では贈りあっていたので…と季節のご挨拶を
いただいてしまい、恐縮してしまいました。

同じ会社内ですら、このように慣習の違いが
発生しますので、事前確認は必須ですね。

また、お中元やお歳暮というのは、毎年恒例として続けていきます。
一度始めてしまったら、贈った相手から辞退の声が
上がるまで、やめないことが大切です。

前年の贈り物よりも予算を下げることも失礼に
あたりますので、それも踏まえて、最初の予算を
設定するようにしましょう。

※ちなみに、上司へのお中元の相場は大体
3000円から5000円程度が一般的です。

お中元を上司に贈る場合ののし紙は?

お中元を贈る際に気を付けたいマナーとして、
のし紙がありますね。

のし紙って難しいイメージがありますが、基本的に
お中元コーナーなどで購入すれば、スタッフの方が
適切なものを用意してくれます。

水引は赤金、5本か7本で。
(本物の水引であれば金ではなくて白です。
ただ、印刷の場合には白では見えないので、金色が使われます。)

蝶結びののし紙で、上側中央に「御中元」と上書きを。
名前は、下側中央に上書きに対してやや小さい字で書きます。

※上書きは、上述してあるように時期を過ぎるなら
「暑中御伺い」「残暑御伺い」としてください。

また、お中元とは言っても「のし」を付けずに贈る場合があります。

「のしを付けないなんて…」と思われた方!
のしとのし紙は別なんですよ。

「のし」というのは、のし紙の右側上にある赤色の飾りのこと。

もともとの「のし」はあわび貝を薄くのして干したものでした。
これが生ものの象徴として、扱われていたのです。

ですので、魚介類やお肉、果物などを贈る場合には
「のし」は必要ありません。
(鰹節などの水産加工物、ハムなどの加工品も含みます。)

とは言え、「のし」をつけてはいけないだけなので
「のし」のついていない掛け紙をかけた上で、贈りましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?
地域に根付いている慣習も大切な行事ですが、
基本はおさえてもらえたのではないでしょうか?

社内コミュニケーションのために、こちらの記事が
お役に立ちましたら嬉しいです。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る