地震の備え!食料、水。他に備えるものは?

地震大国日本。
近い将来、南海トラフ地震も起こると
予想されていますよね。

大規模な地震が来ることに備えて、食料などの
備蓄を今一度、確認しておきましょう。

大規模な災害が起こった場合、ライフラインの
供給停止が予想される期間は下記のとおり。

電気1週間
ガス1ヶ月
上水道1ヶ月強
下水道3ヶ月強

これを前提に、避難生活をイメージしましょう。
今回の記事では、食料や水をメインに見ていきます。


スポンサーリンク



地震に備える!食料編

これまで地震に備える非常食は、長期保存可能な
食品が中心でした。

3年から5年程度保存が出来る食品を、ご家庭に
備蓄されていた方も多いのではないでしょうか。

この備蓄の方法、実は大きなデメリットが…。
長期保存出来るので、普段はその存在を
忘れてしまい、気づいたら賞味期限切れ…。

それだけなら良いのですが、実際に被災した場合
心理的にも不安な中で、普段食べ慣れない
非常食を何日も食べ続けないといけないことが
大きなストレスになってしまいます。

そこで、最近の食料の備蓄方法として主流に
なってきているのが「ローリングストック法」

非常食を備蓄しながらも定期的に食べて、
食べた分だけ買い足していこうという方法です。

そうすると、実際被災した際にも食卓に並ぶのは
普段から食べ慣れている食品なので味にも抵抗を
感じることがないですし、少なからず安心感も生まれます。

定期的に入れ替えるのが前提なので、賞味期限も
1年程度のもので十分。
普段利用しているフリーズドライ食品や
レトルト食品が非常食になるんです。

長期保存食だったのに、いつのまにか賞味期限が
切れていた…なんて無駄も防げるのもメリットですよね。

ご家族の人数×3食分×1週間分で計算した量を
備蓄しておいてくださいね。

地震に備える!水編

食料も大切ですが、飲み水も大切。

1週間分の飲み水の目安は、1人1日2リットル
4人家族でしたら4人×2リットル×1週間で
56リットルですが、少し余分に60リットル分
常に確保出来るようにしておきましょう。

飲み水にもローリングストック法を適用。

ペットボトルで飲料水を購入するとダンボールに
入っていたりすると思いますが、分かりやすく
目に入るところに賞味期限をマジックなどで
記入しておきます。

賞味期限が近いものから飲み、飲んだらまた
不足した分を買い足すようにしてくださいね。

また、生活用水を貯めておくため、また、
水の配給車が来た時に入れてもらえるような
ポリタンクと、それを運ぶための台車も一緒に
買い揃えておくと良いでしょう。


スポンサーリンク



地震に備えるもの、他には?

食料や水をしっかり備蓄したら、その他にも
備えるものを確認しておきましょう。

実際に阪神大震災など被災された方の経験談では
被災時につらかったこととして、食事で
温かいおいしいものが食べられなかったこと。

大規模な災害時にはガスの配給が1ヶ月程度
停止してしまうことも。

せっかくのレトルト食品なども温かくして
食べられないのではツライですよね…。
カセットコンロを備えておくと、ガスボンベの
備蓄がある間は熱源が確保できます。

ガスボンベは1本で2日間使えるとして、
1か月分15本を備蓄しておくようにしましょう

照明の確保も大切。
LEDタイプのランタンは、部屋ごとに
置いておけるようにしておきましょう。

最低でもリビング・台所・トイレ用の3つは
用意しておくことが大切です。

必ず人数分用意しておきたいのはヘッドライト。
両手がふさがってしまう場面は意外に多いので
懐中電灯よりもヘッドライトのほうが使い勝手が良いです。

あとは簡易トイレや新聞紙、ラップ。

新聞紙を体に巻いて、その上からラップを重ねて
巻くだけでも防寒効果があります。

ラップは食器の上に敷いて食べ物を入れるだけで
洗い物の水が節約出来ますし、消毒したあとの
傷口に巻いておくと治りが早いなど、汎用性が
高いのでぜひ備蓄しておいてください。

こういった使い方をするとラップも
あっという間に使い切ってしまいますので、
3本程度ストックされておくと安心です。

もう1つ、口腔ケアグッズは揃えておいた方が良いです。
高齢者の方で、避難所生活を送っている際に
歯磨きが出来ず、肺炎になってしまった方もいらっしゃいました。

口腔ケア用ウェットティッシュを備蓄しておくと
歯磨きの代わりや、お箸やスプーンを拭くことも
出来ますので、備蓄品リストに加えておいてくださいね。

最後に

こうしてみると、備蓄品って幅広いことを考えて
決めておかないといけないので、大変ですよね。

でも、いざという時に
「あの時の自分、頑張っておいてくれて
ありがとう!!」となること間違いないので、
気になったこのタイミングを使って、勢いで
備蓄品を揃えてしまいましょうね!


スポンサーリンク



ページ上部へ戻る