入学祝い小学校なら金額は?プレゼントをあげる時期は?

親戚の子が、そう言えば来年小学校入学だ!

ということは、入学祝いを考える必要がありますよね。
ご自身にも同じくらいの年齢のお子さんが
いらっしゃればイメージが湧きますが、
そうでない場合はなかなか何が良いのか難しい…

まずは金額の相場から、確認していきましょう。


スポンサーリンク



入学祝い、小学校なら金額の相場は?

入学祝いと言っても、金額の相場はどれくらいでしょうか?

小学校の入学祝いの相場は3000円から5000円。
ただ、これは友人知人のお子さんにお渡しするケースです。

甥っ子が小学生になる。という場合、
親戚の立場として入学祝いを渡すことになるので
5000円から10000円程度が金額の相場となります。

入学祝いなど、子供のお祝い事にはお返しを
しない、という考え方がありますので、
あまり高価なものをお渡ししても、かえって
恐縮される可能性があります。

また、普段からよく顔を合わせるのか、年に一度
お会いする程度なのかなど、これまでこれからの
お付き合いの密度によっても、この幅の中で
金額を決定されるのが良いでしょう。

お互いが気持ち良く受け渡し出来るのが理想ですね。

入学祝い、プレゼントは小学校で使える物?

入学祝いには、お祝い金として現金を渡す人も
プレゼントとして渡す人もいますよね。

小学生くらいの年齢になると、もうすっかり
自分の好み、というのが芽生えているので、
キャラクター物でもドンピシャでなければ
使ってもらえないんですよね…。
(妖怪ウォッチ、と言っても主人公の男の子か
はたまたこの妖怪、あの妖怪、というのがハッキリあります。)

もらう側の親の意見としては、現金でもらえると
使い道が広いので嬉しいところですが(笑)、
あげる側としては、現金というよりも、やはり
プレゼントという形にして渡したいと思いますよね。

以前は、文房具が買える文具券があったので、
入学後に追加で必要になった文房具などを買える
ギフト券として入学祝いに適していたのですが、
現在は残念ながら廃止になってしまっています…

その代わりとして挙がるのは、やはり図書券でしょうか。
読書感想文用の本を買う機会があったり、
辞書や図鑑を買ったり、小学校に上がってすぐは
使う機会も多いものです。

辞書や図鑑をプレゼントするのは、好みもあるし
置き場所なども必要なので、もらった側が
もしかして気に入らなかった場合、捨てるに
捨てられないし、思った以上に負担になる事が…

鉛筆や消しゴムなど消耗品も良いですが、
学校指定の物が決められていたり、1年生の時に
使う新品は、親子で選びたい、という親御さんも
いらっしゃいます。

デパートでは、送り主には内緒で、もらったけど
気に入らなかったので…という理由で返品に
来られる方もかなりいらっしゃるんですって!

こう聞くと、プレゼント選びって本当に難しい…

ですので、個人的には図書券や商品券などを
プレゼント用に包装してもらい、「何を贈ったら
良いか迷ってしまって、味気なくってごめんね」
という一言を添えて渡すのがおすすめです。


スポンサーリンク



入学祝いをあげる時期はいつ頃?

さて、金額・あげる物が決まったら、最後は
あげる時期について考えましょう。

入学祝いを実際にあげる時期は、実はけっこう
分かれます。

もしお正月くらいしか直接会える機会が
無いのであれば、お年玉とあわせて入学祝いを
あげるのも良いですね。
(お年玉金額の相場記事もありますので、
もしよろしければ、ご一読くださいませ。)

入学準備に必要なものの中から、欲しい物を
選んでもらうのであれば、3月中旬から下旬頃が
ベストなタイミングですね。

実際に、この時期に入学祝いをあげる方が
ピークになります。

もしこの時期でなければ、実際に入学する本人が
新生活に対して期待を120%に膨らませている
入学式直前も、あげる時期として良いですね。

入学式当日や直後は、バタバタ忙しくなるので
出来れば避けるようにしましょう。

最後に

入学祝いなど、小さな頃にもらった物の記憶って
ビックリするくらい鮮明に覚えていることがありますよね。

自分があげた入学祝いも、そんな風に記憶の
ページにしっかり残ってくれると嬉しいですね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る