正月太りの原因と対策!リセット方法も知っておこう!

今年も、あっという間に残すところあと少し!

年末年始のイベントが増えて、ご親戚やご友人、
会社の人たちなどなどと、お食事する機会が
たちまち増える時期ですよね!

その中でも、家にひきこもりがちなお正月(笑)
ごちそうを食べて、あったかい家の中でゆっくり
楽しんでいたら、あれ?お腹の周りが…?!

そんな事にならないように、原因と対策を
知っておきましょう!


スポンサーリンク



正月太りの原因を知っておこう!

正月太りと戦うためには、まず原因を
知っておかないといけませんよね。

人間の体が太るメカニズムは、ダイエットに
あまり興味がない方でもご存知だと思います。

消費カロリー<摂取カロリー

この構図が成り立つ時に、人間は太りますよね。

正月太りに悩む方というのは、年末年始にかけて
外出の機会が少なく、それでいて旧年を振り返り
新年を祝うためにご馳走とたっぷりのお酒を用意する。

この形で年末年始の数日から1週間程度を
過ごしたことによる正月太りのタイプがほとんどだと思います。

あと、お酒に合う食事や、おせち料理には塩分が
多く含まれているものが目立ちます。

塩分は人間の体にとって必要なものですが、
実は摂りすぎてしまうと余分な水分も溜め込んでしまいます。

塩分1gで、水分を約5L体内に溜め込む作用があるんです。
水分5Lというと、5kgですよね!
水分だけで5kgという増量は…。恐ろしい…。

ということで、正月太りの原因は摂取カロリーと
消費カロリーのバランス、塩分の摂取・排出の
バランスが乱れてしまうことによるもの、と理解できましたね。

正月太りを防ぐための対策を立てよう!

正月太りの原因が分かったら、それを防ぐための
対策も、事前に立てておきましょう!

◎まずは摂取カロリーを増やしすぎないこと。
腹8分を守り、お腹がすいていないのに、追加で
食べてしまうことがないように注意しましょう。

これによって、摂取カロリーと同時に、塩分量の
コントロールにも効果的ですね。

お酒の飲みすぎも、ついつい何か食べたくなって
しまう衝動を抑えられなくなりますので、
たしなむ程度を心がけましょう。

◎意識して消費カロリーを増やすこと。
家の中でゴロゴロしすぎていると消費カロリーも
増やせませんし、筋力も落ちます。

お正月ならではということで
・初日の出を見に少し遠出をしてみる
・初詣に出かける
・お子さんやお孫さんと凧揚げをしてみる
・福袋やバーゲンに行ってみる     など、
特別な運動でなくても、徒歩で外出する予定を
あらかじめ入れておきましょう。

ただ「正月太りを防ぐために歩く」のでは、
精神的なハードルが高くなってしまって、
外出が楽しくなくなってしまいます。

別の目的を持たせながら外出する。という方向で
まずは家にこもらないことを意識しましょう。

◎塩分を上手に排出する。
カリウム(ミネラルの1種)と水分を同時に
摂取すると、カリウムが塩分と水分をくっつけて
尿として体外に排出してくれます。

お酒をたくさん飲むと、体の中で分解するのに
大量の水分を使ってしまいます。
塩分とお酒を一緒に摂ると、水分が不足して
しまいますので、水分補給はしっかり!

カリウムはトマトジュースやバナナ、
干し柿などにたくさん含まれています。

アボカドやカジキマグロ、かつおのお刺身なども
カリウムの含有量が多いので、おつまみとして
選ぶと良いですね。

こういった食品と一緒に、お水も飲むようにしてください。


スポンサーリンク



正月太りしてしまった時のリセット方法は?

対策とは、立てていても思わぬハプニングなどで
順調にはいかないこと、よくありますよね。

お正月を過ぎてみると、やっぱりちょっと
正月太りしていた…という時には、早い段階で
リセット方法を実行しましょう。

人間の体は、摂取しすぎてしまったカロリーが
本格的に脂肪になるまでに72時間かかると言われています。

ということは、2~3日の間にリセットするのが
一番確実で、元に戻しやすいということですね。

また、お正月時期の食生活というのは日常的な
食事とは大きく異なりますので、あまり真剣に
ダイエット食!と考えなくても、普段の食事に
戻すだけでけっこうリセット効果があるものです。

少しあっさりめの献立を意識しながら、
体を動かすことに重点をおくようにしましょう。

駅までの道を早足、大股歩きで歩く。
お正月期間中に散らかってしまった部屋を
気合を入れて掃除する、など正月太り対策を
期間延長するイメージで良いでしょう。

塩分の排出も引続き行いましょう。
しっかり全身浸かって入浴すると、汗もかくので
塩分排出に良いですし、入浴は思っている以上に
大きくカロリーも消費しますのでオススメです。

また、基礎代謝を高めるのも大切。
こちらの記事も参考になると嬉しいです。
基礎代謝を上げる方法が簡単すぎる!内訳や食事も知っておこう!

最後に

お正月を過ごすのに、あまりカロリーやら
塩分やら気にしすぎてしまうと、楽しめないで
終わってしまいますよね。

正月太りは確かに避けたいですが、最優先事項と
するのではなく、暴飲暴食を避ける程度で
家族や身近な人と新年をお祝いすることに
エネルギーを傾けたいですね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る