赤ちゃんに日焼け止め塗る?塗らない?日焼け止め以外の対策は?

そろそろ紫外線がきつくなってくる季節。

大人でも紫外線の影響が気になるところですが、
産まれたばかりの赤ちゃんにも、小さな体で
紫外線を受けると良くないのでは…?と心配が募りますよね。

かといって日焼け止めもよくはなさそうな…?

赤ちゃんに日焼け止めを塗る?塗らない?の心配、
こちらの記事で解消しましたら嬉しいです。


スポンサーリンク



赤ちゃんに日焼け止めを塗る必要性は??

生後間もない赤ちゃん、お肌もフニフニで、
このきれいなお肌を守ってあげたい!と思います。

近年では、母子手帳からも日光浴という言葉が消え
「外気浴」が推奨されるようになってきましたね。

紫外線のダメージはずっと蓄積されるものだから、
小さい内から出来るだけケアしてあげたい…。

かと思えば、紫外線を気にしすぎるあまり、体内で
ビタミンDがうまく機能しなくなり「くる病」が
発症してしまう危険性も指摘されています。

紫外線対策は、バランスが大切なんですね。

紫外線をたくさん浴びすぎると、大人になってから
シミやそばかすが出る原因になります。

それだけではなく、免疫機能の低下や、皮膚がんを
引き起こす可能性まであるんです。

もう少し大きくなったら、幼稚園や小学校で
日焼け止めを塗ることもなく元気に走り回って
遊ぶようになりますし、神経質になりすぎる
必要はありません。

ただ、赤ちゃんのころは、皮膚も大人の半分程しか
厚みがありません。

この頃の弱いお肌を守ってあげられるのは、
お母さんの心がけ次第。

長時間外出する際は、ママだけでなく赤ちゃんにも
日焼け止めを塗る必要性があると言えます。


スポンサーリンク



赤ちゃんに日焼け止め塗らない?

紫外線のダメージが蓄積される。
赤ちゃんの頃からでも紫外線対策はした方が良い。

とは言え、日焼け止めの成分は、赤ちゃんにとって安全なのか?

成分としての安全面から考えると、何でも舐めたり
口の中に入れてしまう赤ちゃんの肌に日焼け止めを
塗るのが良いことなのか分からない…。

そんな不安もありますよね。

日焼け止めは塗らなくて良いなら塗らないに
越したことはないと思います。

大人でも、日焼け止めを塗ると肌に負担が
かかっているのを感じますよね。

日焼け止めを使う以外の紫外線対策については、
次でまとめていますので、こちらもぜひご参考に
ご一読いただければと思います。

ただ、日焼け止めを塗らないで外出すると、
赤ちゃんのほっぺたが赤く火照ってしまったり…。

まったく日焼け止めを塗らないのも、赤ちゃんに
良くない日もありますよね。

そんな時には、おでこやほっぺた、鼻の頭など、
特に焼けやすい部分だけ日焼け止めを塗ってあげるのも1つの手段。

目の周りや口の周りは避けるようにして、
帰宅したらすぐに落としてあげましょう。

赤ちゃんに日焼け止め以外の紫外線対策。

紫外線のダメージは出来るだけ与えないように。
それでも日焼け止めは極力使わないようにしたい…

その気持ち、よく分かります!
日焼け止めを使わずに、紫外線を避けたい。
でも赤ちゃんを外に出さないわけにはいかないですよね。

赤ちゃんの周りの環境を工夫して、しっかり
紫外線対策仕様にした上で外出を楽しみましょう!

外出する時間に気をつける。
午前10時から午後3時くらいまでは、日中の
紫外線が一番強くなる時間帯ですので、出来るだけ
外にいる時間が少なくなるように、行動計画を立てましょう。

出来るだけ日陰を利用する。
もうこれは原則として。大前提として。
あまり日陰になるような物がない所を歩くなら、
ベビーカーのUV対策を!

ベビーカーにUV効果のあるカバーをつける
赤ちゃんがちょうど日陰で隠れるようなカバーを
するようにしましょう。

もしくは、UVカット効果のあるストールのような
物を赤ちゃんにかけてあげるのも良いですね。

ベビーカーに熱がこもるのは、赤ちゃんにとって
良くないので、通気性は必ず!確保するように注意しましょう。

洋服にUV効果のある素材の物を選ぶ。
紫外線カット効果のある洋服を選ぶことと、
出来るだけ肌の露出が少なくなるように、
服選びにも気を配りましょう。

車の窓にはUV対策をする。
ガラスも、何もしなければ紫外線を通します。
最近の車には、UVカットガラスも多く
採用されていますが、そうでない場合には
UVフィルムを貼ったり、UVカットの液を窓に
塗るなどして、紫外線カットしましょう。

まぶしい陽射しも赤ちゃんの目に良くないので、
チャイルドシート横の窓には、日陰になるカバーも
貼っておくと良いですね。

極力、日焼け止めを使わずに過ごせるように、
上記のことは日々気をつけておきたいですね。

最後に

やっと寒さ対策に追われる日々が終わったら今度は紫外線対策…。

お母さんの心配は尽きませんが、お子さんの大切な
時期を快適に過ごさせてあげられるように、
無理のない範囲でがんばっていきましょうね!


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る