貯金のコツ、低収入、一人暮らしでも口座を分けて貯めよう!

毎日仕事は頑張っているし、これからも頑張る。
だけど、お給料やボーナスってそんなに簡単に
上げてもらえるわけではないんですよね…。

そんなことは分かってる!(笑)
でも、やりたいことや欲しいものはたくさん…。

頑張っている自分の望みを叶えるためにも、
貯金のコツをつかみましょう!


スポンサーリンク



貯金のコツ、低収入だからこそ貯めたい!

低収入だから、なかなか貯金ができない…と
悩まれる方多いですよね…。

実際、日々の生活でいっぱいいっぱいで、逆に
貯金を切り崩してしまうなんてことも!

ただ、何でもそうだと思いますが、貯金も
始める最初の時が一番キツイです。
ある程度の金額になってくると心にも余裕が
生まれますので、そこまで何とか頑張りたいですよね!

まずは、毎月絶対に払わないといけない固定費から
見直すようにしましょう。

見直すべき固定費と言えば、家賃と通信費と保険。

◎家賃
家賃は給与の30%以下に抑えたいところ。
引越し費用はかかりますが、家賃の差額を計算して
何ヶ月かでペイできる所が見つかるのであれば
ぜひ行動しましょう!

かと言って、家賃が1万円安くなったけど通勤費が
1万円上がったのでは意味がないので、そこも
計算に入れて物件探しを検討しましょう。

◎通信費
携帯電話を持たない、という方は現代ではなかなか
難しいと思いますので、月々支払う費用をどれだけ
抑えられるかがポイント。

もし、今かけ放題のプランに入っていない方は、
携帯ショップに行くと自分が月にどれくらいの
通話料金を使っているのか見てもらえます。

その料金によって、かけ放題プランに入るほうが
安くなるかどうか教えてもらえますので、一度
相談に行かれてみるのをおすすめします。

また、携帯電話を契約する時に、1ヶ月間は
無料だから、と入っているアプリやオプションが
あったと思います。

意外にこの辺りを、月額利用料がかかるように
なってからも停止手続きをするのを忘れている人が
けっこういますので、確認してみてくださいね。
全然利用しないなら、月に数百円も捨てているのと同じです!

◎保険料
保険の仕組みなど理解しないまま、知り合いの方の
紹介など言われるがままに加入した場合、自分には
必要ないと思う保障も付いていることがあります。

万が一のことを考えれば、入っていたほうが良い
保険ですが、どんな時にどんな保証が欲しいのか、
同じ保障でも保険料の安い保険は無いか、ここを
しっかり見直せると数千円はすぐに変わります。

でも保険って難しいしなぁ~と思う方は、
【保険ポイント.com】保険ポイントドットコム

こんな保険相談サービスを利用されると良いと思います。

私も実際に相談して毎月の保険料が4,500円下がり
保障内容も、最初のものより納得行くものになりました。

私は選びませんでしたが、貯金が出来るタイプの
保険もあります。(掛け金は高くなりますけど)
第三者にも貯金を手伝ってもらいたい場合には
このような保険に加入するのも1つの手段かも。


スポンサーリンク



貯金のコツ、一人暮らしでもしっかり!

お給料が高いほうではない、しかも一人暮らしだと
貯金もなかなか増やすのが難しいですよね。

上述のように固定費を見直すのはもちろん、
細かいポイントもしっかり見ておきましょう。

◎自炊する
一人暮らしで貯金する場合には何はともあれ自炊!

たとえば、白菜って1玉まるまる買っても、
4分の1サイズで買っても値段ってそんなに
変わらないですよね?

少量サイズで売っているものはどうしても割高。
お得サイズで購入して、その食材を使っていろんな
バリエーションの調理方法を考える。
料理上手になるし、将来絶対に役に立ちます!

時間が不規則で毎日家で食べられるか分からない…
という方は、冷凍する技術を習得しましょう!

時間のある時に自家製冷凍食品を作っておくと、
今までフラッとお惣菜なんか買っていたところを
節約することが出来ますよ!

◎コンビニに行く回数を減らす。
自炊する項目にもつながりますが、毎日飲み物を
購入するだけでも1日150円。

出勤する日だけ購入しているとしても20日間で
3000円。これを市販のお茶パックで作って
持参していけば1ヶ月500円でお釣りがきます。

それに、コンビニって狭い空間にいろんな物を
効率的に置いているから、飲み物を買うはずが
他のものもつい一緒に買っちゃったりするんですよね…。

チリも積もれば山となる!
1日数百円でも、コンビニ行ったつもりで小銭を
貯金すれば、思ってるより貯まります!

ということは、無自覚で無駄遣いをしているということ。
貯金を増やすためには、こういう小さな無駄遣いも
引き締めていきましょう。

貯金のコツ、口座を上手に使い分けよう

貯金コツ、固定費や生活習慣の見直しの他に
大切なのは口座を複数持つことです。

貯金の鉄則は、貯金したい分をまず最初に給与から
天引きしてしまうこと。

基本的に、一人暮らしの場合でも給与の1割2割は
貯金に回したいところ。
その金額が2万円なら、給料日に即貯金口座に
まわしてしまいましょう。

ここで重要なのは、出来るだけ金利の高いところを
選んで貯金すること。

もし、勤めている会社に財形制度や特別金利口座が
あるなら、これを利用しない手はありません。
通常の銀行預金よりもかなりお得なので、一度
総務などに問い合わせてみましょう。

もしそのような福利厚生が無い場合には、
ネット銀行などは金利が若干高いところが多いので
検討してみてくださいね。

会社によっては、給与の振込み口座を複数選べる
場合もあります。

生活費用口座と、貯蓄用口座に分けて振り込んで
もらえれば、自動で貯金が増えていきますので、
こちらもあわせて聞いてみましょう。

複数口座を持つメリットは、純粋な貯金の金額が
見えるのでモチベーション維持につながること。

光熱費や通信費、カードの引き落としなどの支出と
貯金を同じ口座で行っていると、お金の流れが
複雑になってしまい、残高の内のどれくらいが
自分の貯金なのか、分からなくなってしまいます。

貯金口座の残高が少しずつ増えていくと、
貯めるのも楽しくなっていきますので、
ぜひ試してみてくださいね。

そしてある程度まとまった金額になってきたら、
より金利の高い定期預金にうつしたり、
投資用の口座を作って増やすことにも力を入れましょう。

ローリスクローリターンの投資でも、今の日本の
低金利で銀行に預けるよりは増えるペースが早いです。
経済の勉強にもつながりますしね!

最後に

お給料を数千円上げてもらうのって難しいけど、
身の回りを見直すと毎月数千円を貯金に回すことが
出来ることに気づきますよね。

キツキツに締め上げてしまうのはストレスになって
結果として続けられなくなってしまいますので、
締めるところは締めて、緩めるところは緩める。

自分のメリハリポイントをつかんで、上手に
貯金を増やしていきましょう!


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る