猫背を治す方法が簡単すぎ!治す座り方も簡単。どれくらいで治る?

身長が本来よりも低く見えてしまう。
呼吸が浅くなる。
内臓の位置が下がってしまう…

などなど、猫背がクセになってしまっていると、
体にとって良くない影響が出るのは有名ですよね。

良くないとは分かっていても、なかなか治すのは
難しい…と思っている方に、猫背を簡単に治す方法
伝授したいと思います!


スポンサーリンク



猫背を治す方法が簡単すぎた!

猫背を治す方法ですが、まずは立っている状態。
これがまた「え???」と思うくらい簡単です!

まずは普通に立ってみてください。

そして、足のつま先を、少し広げて立ちます。
ちょうどこのイラストのような感じです。

050223
はい!
これが猫背を治す方法!簡単すぎますでしょ?!

驚きかも知れませんが、つま先を広げて立つと、
肩がスッと広がるように人間の体は出来ています。

だから、無理やり背筋を伸ばそうとしなくても、
つま先を広げるだけで猫背解消!
ぜひ、今日から気付いた時に実践してみて下さい!

ちょっとこれだけでは物足りないな~という方。

手を後ろに回して、お尻の辺りで手を組みます。
手だけ「休め」の姿勢の時の状態です。

こうすることによって、内側に丸まっていた肩が
良い具合に広がります。

そのまま手を離すと、腕が肩の真横から下に向いて
垂れていますよね?

この状態を体が覚えるように、電車の待ち時間など
立っている時の習慣にしていってくださいね。

「猫背を治す」というと、背筋を気にする方が
多いのですが、実際には肩を広げる意識を持って
姿勢を治したほうが、クセづけやすいです。

肩がしっかり広がると、呼吸がしやすくなったのが
実感出来ると思います。

全体の印象もシュッと引き締まりますし、鏡の前で
ぜひビフォーアフターを体感して下さい!


スポンサーリンク



猫背を治す椅子の座り方。

立ち姿勢の猫背を治す方法が分かったら、次は
椅子の座り方です。

こちらもワンポイント注意するだけで、簡単に
気になる猫背を治すことができます。

そのワンポイントとは「お尻の骨」(座骨)。

椅子に座った時に、座面とお尻の間に手を
挟み入れてみてください。
(手の平側がお尻に当たるように。)

そうすると、手の上に座骨が当たる感触が分かると思います。

その状態のままお尻を前後に動かして、座骨の
一番とがった所が手の上に当たる位置を探します。

とがっている部分が手に当たったら…
そこでストップ!!

手の平を抜いてみてください。
とがっている部分が座面に当たる状態で座ると、
上半身がスッと伸びていませんか?

椅子の座面の上でお尻の骨が安定していて、
上半身がその上にストン、と乗っかっている感覚。

この座り方をすると、背筋が伸びた状態をラク~にキープ出来ます!

そして、立ち姿勢の時と同じように、後ろに手を
回してみると、肩がよりしっかり開きます。

さらに、上半身がスッと伸びている状態で、下腹に
力を入れ、ヒザとヒザをくっつけて座れば、かなり
筋肉を使った座り方が出来ます。

事務職や学校など、1日の中で座っている時間が
長い方でも、この座り方をすれば猫背を治す上に、
ダイエットの効果も期待出来るかも!

本当に驚くくらいラクに猫背を治す座り方なので、
ぜひ試してみてくださいね!

猫背はどれくらいで治る?

立ち姿勢の場合と、座り方、それぞれでの猫背を
治す方法をご紹介してきましたが、実際、猫背は
どれくらいで治るのでしょうか?

上述の方法を試してみてもらえれば、一瞬で猫背は
解消されると思います。

ただ、それを意識せずに維持出来る状態になるには
少し時間がかかります。そしてその時間の長さには
個人差もありますね。

一般的に、人間が1つの行動を習慣化するまでには
約3週間繰り返すことが必要だと言われています。

けれど、ここで言われている行動とは、朝起きたら
水をコップ1杯飲むなど、1日に1回レベルの行動。

姿勢を維持するのは1日中ですから、もう少し
時間が必要だと思います。
姿勢を維持する筋肉も、育つのにどうしても時間がかかりますし。

ですので、「猫背を治すことを意識する」ことを
習慣化してしまいましょう。

・なぜ猫背を治したいと思ったか、毎朝思い出す。
・朝、鏡の前で肩を広げる。
・椅子に座ったら、骨の位置を確認する。

せっかく、良くない習慣を改善しようと思ったのに
改善される前に忘れてしまってはもったいないですよね。

「猫背を治すことを意識する」のを毎日繰り返し、
正しい姿勢でいられる時間が少しずつ長くなるよう
努力を続けていきましょう。

そのうち、猫背でいることが窮屈に感じられる日が
やってくるはずです。

ちなみに、私は1週間ほどで椅子に座る時には
座骨を探して座る。立つ時にはつま先を開く。
というのが自然に行えるようになってきました。

それを長時間キープするのが、まだまだ課題です…

最後に

猫背を治す方法に限らず、何事も毎日続ける、
ということが一番大切で、一番大変です。

何年も続いてしまった猫背が、そんなにすぐに
治るとは考えないように、まずは1週間、1ヶ月と
続けることを大切にしてみましょう。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る