内のし外のしの違いって?のし紙の意味とのしの意味の違いもご紹介!

タイトルが「のし」だらけになりました(笑)

ご贈答や、お返しの際によく使うのし紙。
ギフトコーナーなどで購入すると
「内のしですか?外のしですか?」と聞かれます。

こういう時、あまり使い分けをせずにお願いしたりしていませんか?

いざという時に慌てない為にも、のし紙の基本を
一度確認しておきましょう。


スポンサーリンク



内のし外のしの違いって?

もともとは、「外のし」といわれる形はありませんでした。
奉書・水引・のしをつけていれば、本来包装紙で
包む必要が無かったからです。

せっかくかけた掛け紙が汚れてはいけない為に、
掛け紙をかけた上から、包装紙で包む「内のし」の形ができました。

(昔は、贈り物に奉書・水引・のしをつけた上で、
風呂敷で包んで持参していたので、その代わりとも言えますね。)

実は、この内のし外のし、こうしなければダメ!と
厳密に決まっているものではないのです。

絶対にこうするもの!という決まりがないので、
使い分けがあいまいになってしまっている人が
多いのではないでしょうか?

内のし外のしの違い、使い分けは、厳密なルールに
従うというよりも、ケースバイケースでより適した方を選びましょう。

その選び方の基準は?

外のしを使う時…
表書きが見えるので、贈った目的が分かりやすい為
ご結婚やご出産など、お祝いごとには外のしが良いですね。

また、贈る先に持参するのであれば、外のしにして
お持ちするのが一般的です。

内のしを使う時…
内のしにすると、表書きが包装紙に隠れますので、
控えめさ、謙虚さを表したい時に使われます。

結婚祝いをもらった内祝いなどが代表的ですね。
(もともと内祝いには、お祝いごとのおすそ分け、
として贈られていたのも、控えめに贈る由来と通じますね。)

また、宅配便だったり、自分では持参しない場合
(どなたかに代わりに持って行ってもらうなど)、
掛け紙が汚れないように内のしにしておくと、良いですね。


スポンサーリンク



のし紙をつける意味は?

正式な贈り物の場合、奉書・水引・のしで贈り物を
包みますが、現在では略式で、水引・のしが
印刷された掛け紙を用いるのが一般的となってきています。

一般的に言われている「のし紙」は、この掛け紙の
慶事用に印刷された「のし」がついている物のことを指します。

最近では、弔事用のものも含めて「のし紙」と
言われることも多いですが、弔事用の場合には
「のし」が印刷されていませんので、「掛け紙」と言われます。
※便宜上、弔事用のし紙と言われることも多いです。
(「のし」についての詳細は次の章で。)

この印刷された掛け紙(のし紙)は、略式では
ありますが、水引やのしをつけたという形、
改まった気持ちで贈るという形を表したことになります。

ですので、非常に親しい方に贈り物をする場合など
特にのし紙にこだわらずとも、リボンなどをつけて
贈る方も最近は増えていらっしゃいます。
※リボンをかける場合には、のし紙は使いません。

逆に、非常に大切な場面、正式な場面では、
印刷されたのし紙での贈り物は失礼にあたる場合もあります。

贈る前に、シチュエーションはよく確認した上で、
包み方を検討するようにしましょう。

のしの意味って?のし紙との違いは?

「のし紙」と「掛け紙」の違いは上述のとおり。

こちらでは、先ほど軽く触れた「のし紙」と、
「のし」の違いについて説明していきます。

印刷された掛け紙の右上に、赤いひし形状の飾りが
貼られているのは、皆さん見られたご経験があると思います。

この赤い飾りこそが「のし(熨斗)」。
のしが付いている掛け紙が「のし紙」でしたね。

熨斗のもとになっているのは、干して伸ばされた
「あわび」だったんです。

神様にお供えするものとして、古くからあわびが
献上されていました。

贈り物は神様へのお供え物が起源であることから、
「贈り物に生物を添える」という意味で、熨斗が
掛け紙の右上に貼られているんです。

(古くは、贈り物として海産物が喜ばれており、
海産物でない品物を贈る際、のしたあわびを添えていたんです。)

熨斗が生ものを意味していることから、魚介類や
肉類、水産加工品や肉の加工品、生花や果物などは
熨斗を付けずに贈るのが正解です。

また、仏事や弔事では生臭物を避けることから、
熨斗は付けないように注意しましょう。

その逆で、ご祝儀袋などでもし熨斗が欠けていたら
「お香典みたい…」とガッカリさせてしまうかも…

小さい飾りと思って侮るなかれ!です。

最後に

最近は、こういったしきたりを気にされない方も
多くなってきていますが、細かいところにまで
気をつけられるようになることは、いろんな場面で役に立ってきます。

折に触れて、日本文化やしきたり、マナーを
しっかり身につけていきたいですね。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る