春財布とは?購入時期、秋財布との違いは?

お財布を買い換えるなら春にね!って
言われたことありませんか?

なぜ春が良いのか、春と言ってもいつ頃か?
春財布ってけっこう奥が深いんです!


スポンサーリンク



縁起が良いって聞く春財布とは?

春に新しい財布を購入するとお金でお財布が
パンパンに「張る」財布で、金運アップに
つながり縁起が良いと言われています。

春に購入する、というポイント以外にも、
お札が窮屈に感じて出て行ってしまう
二つ折り財布ではなく、長財布を選ぶのも大切。

また、財布本体の素材は本革を選ぶと良いです。
本革であれば、牛革やヘビ革、クロコダイルでも
お好きなもので大丈夫です。
それぞれにお金を貯めたり、金運をアップする
力がある言われています。

お財布の色は黄色でしょ?と、思っている方も
多いと思いますが、実は黄色は散財カラー。

大事なお金を守ってくれるお財布は黒色です。
茶系も、お金を貯めてくれる色なので、覚えておいてくださいね。

もう1つ、金運アップを狙う春財布において
大切なポイントは使い始める前の準備。

お財布を使うのに準備が必要なの?
って思いますよね。

お財布って、最初に入れてもらったお金の量を
記憶して、いつもそれくらい入っているはず、と
お金を集めてきてくれるそう。

新しいお財布を購入したら、多めのお札を
用意して、そっとお財布に入れたら、使う前に
9日間以上静かに寝かせておきましょう。

寝かせている間は、手を触れないように。
ちなみに、投資家としても有名な松居一代さんは
お財布用の布団を用意して、毎日夜には寝かせているそう。

布団は用意できなくても、お財布用スペースを
確保して、使い始めるまで寝かせておいて下さいね。


スポンサーリンク



春財布の具体的な購入時期って?

春財布と呼ばれるには、この時期に購入しよう!
という具体的な区切りはどうでしょうか?

実はこの時期はいろいろ説がありまして、
◎1月から3月の節句まで
◎12月20日~2月17日の立春前まで
◎冬至から啓蟄まで     とされています。

私としてオススメは冬至から啓蟄まで。
2015年の冬至は12月22日、2016年の啓蟄は3月5日
この期間に新しいお財布を購入しましょう。

また、9日間以上お財布を寝かせておくのですが
購入するのに最適な日と、使い始めるのに最適な日は異なります。

購入するのに最適な日は
天赦日
立春
寅の日
大安   のいずれか。

使い始めるのに最適な日は
天赦日
一粒万倍日
寅の日
大安   のいずれかです。

冬至から啓蟄までの間で、上記吉日にあたる日を
選んで購入し、使い始めるようにしましょう。

2015年から2016年は下記の日程になっています。
天赦日
2月26日

立春
2月4日

寅の日
12月28日
1月9日・21日
2月2日・14日

大安 
12月23日・29日
1月4日・15日・21日・27日
2月2日・12日・18日・24日
3月1日

一粒万倍日
12月25日・26日
1月7日・10日・19日・22日
2月3日・6日・13日・25日
3月1日

せっかくの春財布ですので、購入する日、
使い始める日も良い日を選んでくださいね。

春財布と秋財布の違いは?

「春財布」は縁起が良い、と考える人が多く、
金運アップを希望している人にはお財布買換えの
一大チャンスですよね。

それでは「秋財布」というのは聞いたこと
ありますでしょうか?
秋財布は「空き財布」と通じるので、お金が
なかなか貯まらなくなる、と言って敬遠されていました。

ただ、最近では秋財布も「実りの秋」と通じる、
中秋の名月など月のパワーが強くなると言って
秋財布も金運アップにつながると考える人も多くなりました。

個人的には、新年の気持ちが引き締まっている時
お財布の買換えを検討したいかな、と思います。

最後に

新しい年のお金の使い方、貯め方を考えながら
お財布を選んだら、お財布を見るたびにその時の
気持ちを思い出せそうですよね。

新しいお財布が素晴らしい金運を運んできてくれますように!


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る