スキーの服装、初心者は?寒さ対策も!行き帰りの事も考えよう。

スキーって、あまり行ったことない人にとっては
服装がかなりの悩みの種ですよね。

人の多いところとは言え、遊びに行く先は
雪山ですし、基本をしっかり抑えて、体調を
崩さないように楽しむ準備をして出かけましょう!


スポンサーリンク



スキーの服装、初心者の場合は?

スキーに出かけることに慣れている人の中には、
天気が良ければ、まるで普段着のような服装で
滑っている人も見かけます。

そんなスキー上級者の服装にも憧れますが、
初心者の方の場合には転んでしまう回数も多くて
汚れたり、濡れたりする可能性が高いので
きちんとしたウェアを準備したいですね。

スキー用の服装では、ウェアの下のインナーなど
どのような物が良いでしょうか?

スキー用の服装は、大体みなさんこんな感じになっています。

スキーウェア

上はニットやトレーナー、フリース
下はジャージやハーフパンツ

吸湿発熱素材などのアンダーウェア

その他小物で、
・スキー帽子
・スキー手袋
・ゴーグル
・厚手の靴下
などなど着用します。

・インナー
特に大切なのはインナーです。
スキーを滑っている間は、筋肉を使っているので
汗ばむほど暑いと感じるようになります。

ですが、長時間リフトに乗っていたり、友人が
滑ってくるのを待ったりしている間に、その汗が
冷えてくると、すっごく寒くなったりします。

ですので、綿のTシャツなどは避けましょう。
吸湿性・速乾性に優れた、登山用のものなどがオススメです。
(ちょっとお値段しますけど…。)

アンダータイツには、ヒザやお尻部分にパッドが
入ったものが売っているので、初心者の方には
特にオススメです。
(転んだ時、これくらいじゃ効かないくらいに
痛い時もありますが(笑)無いよりマシです!)

↓↓こういうやつです。

・スキー帽子
スキー帽子は、普段も使えるようなニット素材で
問題ないですが、耳まで隠れるものが良いです。

寒~い雪山で滑っていると、耳が凍るかと思う程
冷たくて痛くなるので、これは必須ですよ!

あと、吹雪いたり、夕方などかなり冷える時には
ウェアについているフードを被ったりしますが、
スキー帽子に大きなポンポンが付いていると
被れなくなるので、避けた方が良いです。
(私の個人的な経験によるものです…)

・パーカー
普段着のような服装で滑っている人の中には
パーカーを着ている人もいますが、初心者の方が
着るのはオススメしません。

ウェアの中に入れていてもごわついて邪魔だし、
出しておくと防水効果の無い普通のパーカーは
びしょびしょになってしまいます。

同じ素材の物でもフードの付いていない
トレーナータイプを選ぶようにしましょう。

・靴下
靴下は、スキー用の厚手のものがオススメです。
最近は薄くて温かいものも多いですが、ブーツと
素足の間のクッション的役割を果たしてくれて、
足が痛くなるのを軽減してくれます。

・ゴーグル
雪山は紫外線が強いですし、陽射しが白い雪に
反射してかなりまぶしいです。

1日ゴーグル無しで滑ると、人によっては目が
真っ赤になってしまったり…。

吹雪いた時にも、ゴーグルをしていないと視界が
ほぼゼロになってしまうので、用意しておくようにしましょう。

・その他
服装ではないですが、リップクリームや小さな
ハンドタオルなど持って行くと、意外に役に立ちます。

ハンドタオルでゴーグルについた雪や水滴を
拭けますし、ゲレンデは乾燥しているので、
リップクリームで保湿が出来ます。

とにかく大切なのは、動きやすさと防寒性のバランスです。
そのバランスを考えながら、どんなものを着るか
決めていきましょう!


スポンサーリンク



スキーの服装、寒さ対策もしっかり!

スキーウェアは、防寒性のかなり高い素材で
出来ていますが、やはり雪山で何時間も過ごすと
かなり寒いです。
寒さ対策はしっかり行いたいですね。

私が寒さ対策で重宝しているのは、
ウルトラライトダウンジャケットのように薄くて
軽いけど温かいもの。

ウェアの下に着てもそれほど気にならないので、
気に入ってよく使っています。

あとは定番ですが、カイロをいくつか
用意するようにしています。

ウェアのポケットに入れておくと、手が冷たいと
思ったら直接カイロで温められるし、思ったより
暑くていらなかったな~と思ったら出すことも出来ます。

今日は寒いぞ!という時には、もっと内側に
貼り付けられるタイプのものを貼っておくと良いと思います。

インナーも、吸湿発熱性の繊維を使っている物を
着ているとかなり頼りになりますよ。
こういうタイプは吸湿性も高いので、汗も
吸い取ってくれますし。

ただ、スキーの服装を考える時に寒さ対策も
大切ですが、実際スキー場についてみたら
思っていたより気温が高かった…という時もあります。

車で現地に行く場合など、荷物を持って行くのに
余裕があるのであれば、気温が高い時用と
低い時用のパターンを用意して行けるのがベストですね。

あと、初心者の方はどうしても転んでしまう
回数が多く、その分体が雪に触れることも多くなります。

雪に触れたところが濡れて、それが中の方まで
染みてくると本当に冷たいので、特に手袋には
防水スプレーをかけておくと寒さ対策としても安心ですよ。

スキーの服装、行き帰りはどうする?

スキーの行き帰りの服装も、悩みますよね。
車で行く方も多いと思いますが、男性は駐車場で
けっこう堂々と着替えたりする方が多いです。

女性は更衣室などの有無を事前に確認しておくと
焦らなくて良いと思います。

私が友人たちと出かける時には、
「あとは上からウェアを着て、ブーツに
履き替えれば滑れる」という状態で車に乗り込みます。
(定番は、ウルトラライトジャケットに
ジャージという出で立ちです。)

車でスキー場に行くことが殆どですが、
これなら旅行会社のバスでも、電車で
行かれる場合でも大丈夫だと思います。

行きの場合は、ウェアも汚れていないので
下半分はすぐに滑れるよ!状態でも良いのではないでしょうか。

この状態で行けば、着替える時間も
もったいなくありませんしね。

さすがにスキーブーツは現地に着いてから
履く方が殆どだと思いますが、現地に着いてから
雪の上を歩くタイミングもありますので、
ヒールは厳禁、滑りにくいスニーカーなどを
履いて行きましょう。

そして帰り道。
一日スキーを楽しんだ後は、体も疲れています。
普段着より動きにくい服装で長時間過ごした
後なので、ゆったりできる服装を帰り道用に
用意しておきましょう。
(パジャマくらいゆったり出来るのがベストです。)

下着や靴下から、全身着替えられるように
用意しましょう。
もし帰り道など、近くに日帰り温泉があれば、
体をしっかり温めたついでに着替えるのも良いですね。
楽しみが一つ増えます。

最後に

スキーが初めてだと、行き帰りの服装まで
気が回らない事もあるかと思いますが、せっかくの
レジャーで体調を崩してはいけません。

自分の体のクセも加味しながら、ベストな服装で楽しんで来て下さいね!


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る